スポーツ

巨人・澤村拓一、「納得」「意外」両極の声も出た“お払い箱”の「ウラ真相」!

 9月7日、巨人の澤村拓一とロッテの香月一也内野手の交換トレードが成立したことが両チームから発表されたが、澤村の放出に巨人ファンからは様々な声が上がっている。

 澤村は今季、開幕1軍入りを果たすも13登板で防御率6.08と中継ぎとしての働きを果たせず、7月26日に2軍落ち。さらに復調の兆しが見られないことから3軍にまで降格し、9月に入りようやく2軍に昇格をしていた矢先のトレード発表となった。

「今季は原監督も澤村について“リリーフ陣のリーダー”とコトあるごとにコメントして期待の高さを示していましたが、今季は、昨今ではまれにみるほど中継ぎ投手陣が好調な中にあって、ただ一人澤村は、状態が上がってこなかった。制球力が定まらないのは今季に限ったことではありませんが、何度も同じパターンで自滅を繰り返す姿に、ついに原監督の堪忍袋の緒が切れた形の二軍落ちでしたね」(夕刊紙記者)

 そのため今回の放出にもネット上では〈仕方がない〉〈いつか出されるとは思っていた〉と納得の声もあるのだが、一方で多いのが〈意外〉だとする意見だ。

「澤村は17年に、肩に違和感を覚えたことから球団トレーナーの鍼治療を受け、それが発端と見られる神経麻痺を起こし、球団から謝罪を受けている。そのため《巨人には最後まで面倒を見てもらえるのだと思っていた》との声が出ているわけです。しかし実際には、自身の制球難をトレーナーに押し付けたのではないか、とも報じられ、それ以前の14年に起こした六本木での泥酔暴行事件なども含め、球団側のイメージはすこぶる悪かったそうです。肩の件は、その後の一軍扱いで十分責任を果たしたという認識で、今季の不調はむしろ放出を言い渡すのに好都合だったのかもしれません」(野球記者)

 新天地での復活を期待したい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」