芸能

「花の82年組」白石まるみが明かした「樹木希林のプロ根性エピソード」とは?

 2018年9月15日に惜しまれつつこの世を旅立った女優の樹木希林さん。飾らず、味わい深い人間性からドラマや映画のみならず、バラエティ番組にも引っ張りだこだった希林さんを懐かしく振り返り、希林さんの驚きのエピソードが明かされる番組があった。

 芸能事務所・生島企画室のYouTubeチャンネル〈生島企画室チャンネル【公式】〉、9月11日投稿〈【動物キャラナビ】白石まるみが生島ヒロシを動物キャラで占う!!果たして生島の今後の運勢は!?ドキドキの結果は動物の中で!白石のデビューマル秘エピソードも満載〉を見てみると、78年から79年に伊東四朗主演で放送されたホームドラマ「ムー一族」(TBS系)まで話は遡る。

 希林さんは郷ひろみとのデュオソング「林檎殺人事件」や「お化けのロック」といったヒット曲を同ドラマで生み出していったわけだが、この番組では郷の恋人役オーディションが開催され、女優・歌手の白石まるみ(当時、中学生)が参加した。

 合格はしなかったものの、「あなた美人じゃないけど、面白い顔してるから良いわね」と、希林さんから見出され、次点に選ばれた過去を白石は懐かしく振り返った。

 また、白石は生放送のワイドショー番組「3時にあいましょう」(TBS系)で希林さんと共演した際、希林さんは風邪をひき、しゃべれないほど咳込んでいたが、生放送が始まると「ピタッと咳が止まるんですよ。15分くらい、次のCM行くまでの間、1回も咳してなくて…」。そして放送が終わるとまたしきりに咳込む…といった希林さんのプロ根性を感嘆交じりに明かしたのだった。

 中森明菜、小泉今日子ら同様“花の82年組”で歌手デビューも果たした白石は今年42年の芸歴を迎える。「細く長くやってこれた」と言う白石に、これからもお歴々の方々のさすがなエピソードを明かしてもらいたいものだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
2軍暮らしに急展開!楽天・田中将大⇔中日・ビシエド「電撃トレード再燃」の舞台裏
2
不調の阪神タイガースにのしかかる「4人のFA選手」移籍流出問題!大山悠輔が「関西の水が合わない」
3
ボクシング・フェザー級「井上尚弥2世」体重超過の大失態に「ライセンスを停止せよ」
4
新庄監督の「狙い」はココに!1軍昇格の日本ハム・清宮幸太郎は「巨人・オコエ瑠偉」になれるか
5
「メジャーでは通用しない」藤浪晋太郎に日本ハム・新庄剛志監督「獲得に虎視眈々」