スポーツ

「クライマックスシリーズ激動の歴史」早わかり解説

20131003t

 広島が借金を抱えたまま、まさかの日本シリーズ出場という「倍返し下剋上」の可能性はどれほどあるのかについて、前出のデスクはこう分析する。

「ファーストステージの阪神戦は、絶対的エース・前田健太(25)、バリントン(32)、野村祐輔(24)、大竹寛(30)と強力先発陣がそろっているうえ、守備力はリーグトップクラス。マエケンの阪神戦防御率は0点台で、完全なカモにしています。打線ではキラ(29)、エルドレッド(33)の大砲も復調してきた。今季の対戦成績も五分に近く、連勝する可能性は十分あります。続く巨人戦はファーストステージを勝った勢いもあり、ロースコアの戦いに持ち込めば勝機は出てくるでしょう」

 シナリオどおりにコトが進めば、大激論が噴出することは必至。それならばと、落合氏は皮肉交じりに先の講演会で一つの提案をしていた。

「どうせやるなら2球団にすれば、と。3球団というのはちょっと無理があるんじゃないか。それでもオレは反対してたんだ。日本シリーズの意味合いがなくなるから。お互いにセ・リーグ、パ・リーグのチャンピオン同士がやって初めて日本シリーズだろう。だって1位のところに負けて、2位のところにも3位のところにも負けた監督って俺だけだからね。こういう現象ってあっちゃいけないんだけども、そういうルールを作ったからしょうがない。だから皆さんに一つだけお願いします。今年どのチームが3位になるかわかりませんが、2位、1位のチームを破って、パ・リーグのチームも破った時には、心の底から『お前らよく頑張った。偉い!』とほめてやってください」

 そして、前出・飯山氏は「個人的な意見ですが」と前置きして、現実的な改革案を示すのだ。

「3位球団が勝率5割を切ったら、ファーストステージ消滅、というものです。2位と優勝球団だけでCSをやる。セ・パ6球団でやっているのに、盛り上がりに欠けるのはお前らのせいだ、と。そうやって反省を促すことで事態が好転するかもしれません」

 だが、そんな建設的な意見にも、現実は冷たい目線を投げかけている。

「CSはそう簡単になくならないどころか、試合数を増やそうという動きすらある。ファーストステージを5試合にしよう、との意見が昨年から出ているのです。ポストシーズンが重要視されるメジャー式の発想ですよ」(前出・遊軍記者)

 広島のCS制覇というまさかの結末が出た時、野球ファンはどう考えるのか。球界はそこに耳を傾けるべきだろう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
誰トク?MAXのLINA、「14歳で30歳の男と交際」告白に、厳しい声殺到
2
「後ろから突きたい!」岡副麻希、猫伸びポーズにまたも妄想爆発の声殺到!
3
岡田奈々を襲った暴漢を塀の中で制裁!安部譲二が遺した怒りと男の純情
4
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(4)大量の“潮”まで見せた清水美沙の女優魂
5
あわや胸の“レーズン”が!マギーの艶ショットに「これは事件」の評