スポーツ

「クライマックスシリーズ激動の歴史」早わかり解説

20131003t

 広島が借金を抱えたまま、まさかの日本シリーズ出場という「倍返し下剋上」の可能性はどれほどあるのかについて、前出のデスクはこう分析する。

「ファーストステージの阪神戦は、絶対的エース・前田健太(25)、バリントン(32)、野村祐輔(24)、大竹寛(30)と強力先発陣がそろっているうえ、守備力はリーグトップクラス。マエケンの阪神戦防御率は0点台で、完全なカモにしています。打線ではキラ(29)、エルドレッド(33)の大砲も復調してきた。今季の対戦成績も五分に近く、連勝する可能性は十分あります。続く巨人戦はファーストステージを勝った勢いもあり、ロースコアの戦いに持ち込めば勝機は出てくるでしょう」

 シナリオどおりにコトが進めば、大激論が噴出することは必至。それならばと、落合氏は皮肉交じりに先の講演会で一つの提案をしていた。

「どうせやるなら2球団にすれば、と。3球団というのはちょっと無理があるんじゃないか。それでもオレは反対してたんだ。日本シリーズの意味合いがなくなるから。お互いにセ・リーグ、パ・リーグのチャンピオン同士がやって初めて日本シリーズだろう。だって1位のところに負けて、2位のところにも3位のところにも負けた監督って俺だけだからね。こういう現象ってあっちゃいけないんだけども、そういうルールを作ったからしょうがない。だから皆さんに一つだけお願いします。今年どのチームが3位になるかわかりませんが、2位、1位のチームを破って、パ・リーグのチームも破った時には、心の底から『お前らよく頑張った。偉い!』とほめてやってください」

 そして、前出・飯山氏は「個人的な意見ですが」と前置きして、現実的な改革案を示すのだ。

「3位球団が勝率5割を切ったら、ファーストステージ消滅、というものです。2位と優勝球団だけでCSをやる。セ・パ6球団でやっているのに、盛り上がりに欠けるのはお前らのせいだ、と。そうやって反省を促すことで事態が好転するかもしれません」

 だが、そんな建設的な意見にも、現実は冷たい目線を投げかけている。

「CSはそう簡単になくならないどころか、試合数を増やそうという動きすらある。ファーストステージを5試合にしよう、との意見が昨年から出ているのです。ポストシーズンが重要視されるメジャー式の発想ですよ」(前出・遊軍記者)

 広島のCS制覇というまさかの結末が出た時、野球ファンはどう考えるのか。球界はそこに耳を傾けるべきだろう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!