スポーツ

長嶋監督、「伝説の10・8決戦を制させた“魔法の言葉”」を中畑清が動画激白!

 1994年の「10.8決戦」を読者諸兄はご記憶にあるだろうか?この日は、巨人と中日が69勝60敗の同率首位で並び、この試合に勝てばセ・リーグ優勝が決まるといった「巨人‐中日」の最終戦が行われた日だった。結果は投手の3本柱、槙原寛己氏、斎藤雅樹氏、桑田真澄氏の継投と主砲、落合博満氏のホームランで「6-3」と巨人が勝利。視聴率は実に48.8%を記録する国民的イベントとなった。

 テレビ東京が運営するYouTubeのスポーツチャンネル〈テレビ東京スポーツ〉、の10月10日投稿回〈初告白!10.8決戦の舞台裏「運動会気分だった」長嶋監督人生最大のマジックの真相【キヨシの超本音解説】〉に、当時巨人の打撃コーチを務めていた中畑清氏が出演。その優勝の舞台裏を明かしている。

 シーズン早々は快調に白星を重ねていったものの、徐々に調子を崩し、勢いを失っていった巨人。長嶋茂雄監督はミーティングで「お前ら勝つ気がないんじゃないか、好きに負けろ!」と言ったのだと語る中畑氏。そこから少しずつチームのムードが変わっていったのだそうで、「10.8決戦」試合前のミーティングでは、「今日はいいか、みんな絶対に、勝つ!勝つ!勝つ!レッツゴー!」と、長嶋監督は語気を強め、チームに暗示をかけたそうで、ガチガチに緊張していた中日ナインに比べ、巨人はどこか運動会にでも参加するようなリラックスした状態で臨めたのだと中畑氏は振り返ったのだった。

 番組の最後には、ビールかけや食事を終えて帰宅した夜中の3時に、中畑氏は喜びを抑えきれず、友人である俳優の柳葉敏郎、宅麻伸、歌手の大友康平に電話をかけまくって怒られたと言ったエピソードも明かされた。

 26年の歳月が流れても、番組から中畑氏の喜びが伝わってくるようだった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
2
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
3
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
4
西武が狙う「3度目の駆け込みトレード」高レベルの投手をヤクルトに放出して打てる野手を…
5
大宮アルディージャから「バロンドール」候補入りか!J3独走でアンチだらけのFW杉本健勇がついに覚醒