芸能

長谷川京子「屋外もOK?」の“根拠”/完熟の女優「不貞相手ドラフト2020」(2)

「肉体の友枠」の指名順はアイドル評論家の小谷哲スカウトから。肉体フレンドというべき、「カラダだけの関係がとてもステキです」としてこう話す。

「ホテルで会っても言葉も交わさず、ひたすらヤルだけ。もちろん、ベッドで甘い言葉なども必要ありません。そういう意味では江口のりこを1位指名します」

 江口といえば、ドラマ「半沢直樹」(TBS系)では高飛車な国交大臣役で熱演しましたが、小谷スカウトもトイレ不貞の渡部建さながらに、「個室に呼び出し、白スーツをひんむいて」マッパにしたあとは「バックで強引にパンパン責めたてたい」とまで言う。

 大臣を恥辱まみれにする羞恥プレイは燃え上がりそうだ。

 一方、芸能評論家の佐々木博之GMがグイ推しの吉田羊は、すでに小谷スカウトが密会デート枠の外れ1位で奪取済み。

「ドMでない男でも、この人にならブタ野郎呼ばわりされてもいい。ピンヒールで踏み潰されたいという願望を抱かせるのですが‥‥。ここは涙を飲んで、同じく独身の稲森いずみ(48)を指名します。ボディの凹凸にそれほど特徴はありませんが、具合はいいはず」

 そう話す佐々木GMは、実は長く「肉体の友」な関係を続けるには、「こうした派手でないタイプこそ、飽きがこないんです」と断言する。

 一発特大アーチを放つ大砲も妙味だが、肉体フレンドには8番セカンドのようなタイプこそ、長もちするのだという。

 すると、最後に指名順を得たお笑い芸人・ユリオカ超特Q監督がここぞとばかり一本釣りを決めたのは、古豪巨峰・高岡早紀だった。「まさかここまで残っているとは、ラッキーとしか言いようがありません。危険だとわかっていても、一度会えば誰でも好きになってしまう魔性の女」と絶賛し、性の営みについても「むしろ自分が楽しむために腰を振ってくる」と分析し、もちろんその時の体勢は高岡が出演した映画「忠臣蔵外伝 四谷怪談」と同じ上になる体勢で「決まりです」だそうだ。「他にも男とたくさん遊んでいるのでしょう。『奥さんと別れて』とか面倒くさいこと言わない、後腐れがないところもステキです」とも話す。

 そのユリオカ監督が「肉体の友」2号に指名したのが長谷川京子。「昨年末には16年ぶりの写真集を発売するなど、ますます艶やかさを増している」と評し、最近始めたYouTubeではキッチンで料理をする動画を披露しているが、なぜか料理の間は常に胸の渓谷をを見せつけているとも指摘。写真集も艶っぽかったし、「見てほしいという」艶があふれているのだとも。「四十路となり、脂の乗った体つき」なので、バンドマンの夫とは“レス”で、「そのはけ口を求めているのかもしれない」と妄想するユリオカ監督は、長谷川には肌見せ癖がありそうなことから、「屋外プレイに応じてくれそうです」とも語った。

 これにはたまらず、小谷スカウトの妄想がノンストップ!

「2位は内田有紀」として、寝室以外の場所での口での愛撫をしてもらいながら、「あの美しいショートヘア」を“いやらしく”「かき乱したい」のだそうだ。

 一方、肉体の友に新たな価値を見いだしたのが佐々木GMである。

「合コンで酔ったOLを独身アパートまで送り届け、何もしないと釘を刺されながらも部屋に上がり込んで、そのまま雪崩式に‥‥というのはよくあるケースですが、その可能性を感じさせるのが小西真奈美」

 なんでも彼女なら「ちょっと寄ってく?」となって「自宅でまんまと」不貞の営みが「楽しめそう」なんだそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旅サラダ」の宿命!神田正輝9月降板で「次のターゲット」はいよいよ勝俣州和
2
阿部監督の苦悩…巨人・新外国人モンテスの快音デビューをかき消す2軍投手陣「連続炎上事件」
3
藤浪晋太郎が乱入!阪神エース・才木浩人のインスタライブで岡田彰布監督をイジリ倒した
4
巨人・阿部監督が不満ブチまけ!「門脇誠より新外国人モンテス」正遊撃手争いの厳しい現実
5
オリックスで塩漬けのT-岡田を阪神・岡田彰布が「選手兼任コーチ」で引き取るって!?