芸能

長谷川京子「屋外もOK?」の“根拠”/完熟の女優「不貞相手ドラフト2020」(2)

「肉体の友枠」の指名順はアイドル評論家の小谷哲スカウトから。肉体フレンドというべき、「カラダだけの関係がとてもステキです」としてこう話す。

「ホテルで会っても言葉も交わさず、ひたすらヤルだけ。もちろん、ベッドで甘い言葉なども必要ありません。そういう意味では江口のりこを1位指名します」

 江口といえば、ドラマ「半沢直樹」(TBS系)では高飛車な国交大臣役で熱演しましたが、小谷スカウトもトイレ不貞の渡部建さながらに、「個室に呼び出し、白スーツをひんむいて」マッパにしたあとは「バックで強引にパンパン責めたてたい」とまで言う。

 大臣を恥辱まみれにする羞恥プレイは燃え上がりそうだ。

 一方、芸能評論家の佐々木博之GMがグイ推しの吉田羊は、すでに小谷スカウトが密会デート枠の外れ1位で奪取済み。

「ドMでない男でも、この人にならブタ野郎呼ばわりされてもいい。ピンヒールで踏み潰されたいという願望を抱かせるのですが‥‥。ここは涙を飲んで、同じく独身の稲森いずみ(48)を指名します。ボディの凹凸にそれほど特徴はありませんが、具合はいいはず」

 そう話す佐々木GMは、実は長く「肉体の友」な関係を続けるには、「こうした派手でないタイプこそ、飽きがこないんです」と断言する。

 一発特大アーチを放つ大砲も妙味だが、肉体フレンドには8番セカンドのようなタイプこそ、長もちするのだという。

 すると、最後に指名順を得たお笑い芸人・ユリオカ超特Q監督がここぞとばかり一本釣りを決めたのは、古豪巨峰・高岡早紀だった。「まさかここまで残っているとは、ラッキーとしか言いようがありません。危険だとわかっていても、一度会えば誰でも好きになってしまう魔性の女」と絶賛し、性の営みについても「むしろ自分が楽しむために腰を振ってくる」と分析し、もちろんその時の体勢は高岡が出演した映画「忠臣蔵外伝 四谷怪談」と同じ上になる体勢で「決まりです」だそうだ。「他にも男とたくさん遊んでいるのでしょう。『奥さんと別れて』とか面倒くさいこと言わない、後腐れがないところもステキです」とも話す。

 そのユリオカ監督が「肉体の友」2号に指名したのが長谷川京子。「昨年末には16年ぶりの写真集を発売するなど、ますます艶やかさを増している」と評し、最近始めたYouTubeではキッチンで料理をする動画を披露しているが、なぜか料理の間は常に胸の渓谷をを見せつけているとも指摘。写真集も艶っぽかったし、「見てほしいという」艶があふれているのだとも。「四十路となり、脂の乗った体つき」なので、バンドマンの夫とは“レス”で、「そのはけ口を求めているのかもしれない」と妄想するユリオカ監督は、長谷川には肌見せ癖がありそうなことから、「屋外プレイに応じてくれそうです」とも語った。

 これにはたまらず、小谷スカウトの妄想がノンストップ!

「2位は内田有紀」として、寝室以外の場所での口での愛撫をしてもらいながら、「あの美しいショートヘア」を“いやらしく”「かき乱したい」のだそうだ。

 一方、肉体の友に新たな価値を見いだしたのが佐々木GMである。

「合コンで酔ったOLを独身アパートまで送り届け、何もしないと釘を刺されながらも部屋に上がり込んで、そのまま雪崩式に‥‥というのはよくあるケースですが、その可能性を感じさせるのが小西真奈美」

 なんでも彼女なら「ちょっと寄ってく?」となって「自宅でまんまと」不貞の営みが「楽しめそう」なんだそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
2
朝ドラ「おちょやん」初回から視聴率イマイチで今後も心配の“致命点”
3
瀧内公美、ドラマ「共演NG」「恋する母たち」より見たい完脱ぎ映画3作品!
4
ASKAがツイッターで突然の“ご乱心”!?一般人にからむ「謎発言」連発の怪
5
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ