芸能

本田翼 巨人・坂本勇人の「本命」に急浮上の舞台裏

 カリスマモデルからドラマ、CM、YouTubeへと活躍の幅を広げている本田翼(28)。順風満帆の「多角経営」の裏で、株価の急落を招きかねない熱愛ゴシップが急浮上していた。

 きっかけは、8月30日に放送された「アッコにおまかせ!」(TBS系)の「これからスキャンダル報道されそうなカップル」という企画でのことだった。

〈超人気スポーツ選手Sと人気女優が熱愛〉と、イニシャルで情報が流され、関係者の間でさまざまな憶測を呼んだ。女性誌の芸能担当記者もその割り出しに躍起となった一人だ。で、その結果は、

「ほどなくして『超人気スポーツ選手S』が巨人の坂本勇人(31)であることが確定されました。人気女優については断定できる材料はありませんでしたが、一部メディアが番組制作サイドから確認した情報として、イニシャルHであることが判明したのです。Hは橋本環奈だとする報道もありましたが、即座に番組関係者が否定しています」

 以後も、8月にプロバスケットボール選手との破局が報じられた広瀬アリスや過去にイケメン俳優と浮き名を流した比嘉愛未など、Hの正体を巡ってさまざまな名前が乱れ飛ぶ。そこへ本命として急浮上したのが本田だったのだ。球界関係者が打ち明ける。

「ご承知のとおり、坂本はモテますよ。放っておいても女性のほうから寄ってくる。常に『坂本ガールズ』とでも呼ぶべき、彼を慕う女性たちがそばにいます。出会いの経緯はわかりませんが、本田さんもそうした取り巻きの1人だったといいます」

 ここ1~2年の間に、その状況が一変したと続けるのだが、

「坂本が長く住居にしているマンションに、本田さんが引っ越してきたんです。他の女性たちから一歩抜け出す手を打ったのでしょうか。もちろん、それだけでは証拠になりませんが、イニシャルHのヒントとも合致しますからね」(前出・球界関係者)

 あくまでも、現時点では疑惑の域を出ていない。セキュリティー対策ばっちりの高級マンションで、ツーショットを撮るのも至難の業だろう。

 過去にも、三浦翔平や菅田将暉など、大物イケメンとの熱愛が報じられた本田だけに、ついに坂本にたどりついたとしても不思議ではない。

 一方、華やかな私生活と比べ、本業であるはずの女優としての評判は芳しくないご様子だ。

「ドラマや映画に引っ張りだこですが、代表作と呼べるほどヒットした作品がありません。誰それかまわずタメ口で接する距離感にスタッフはメロメロで、キャスティング会議では毎回名前が挙がりますが、結局、演者としての評価はイマイチなんです」(前出・女性誌記者)

「月9ドラマ」のヒロインや深夜ドラマで主演に抜擢されるも、女優としての株を上げるどころか、大根役者のレッテルを貼られる始末。前評判のわりに、顧客を満足させる働きができていないようだ。

 そんな現状を打破すべく、本田が「増資」をもくろむのはバラエティー番組への本格参入だった。

「本田のMC起用が爆増しているんです。レギュラーの『中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん』(TBS系)だけでなく、『クイズピンチヒッター』(フジテレビ系)や『ザ・ベストワン』(TBS系)のような単発での登用もありました。ドラマの視聴率こそ振るいませんが、登録者数216万人のYouTubeチャンネル『ほんだのばいく』で見せる、ホッコリするキャラクターは好感度抜群で、広告代理店のウケも良好。試験的なバラエティー番組のオファーもいくつか届いているそうです」(前出・女性誌記者)

 バラエティータレントへの本格転身で「疑惑の恋路」をみずから明らかにする日も近いか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
山本舞香、鈴木福くんの前で見せた“バスト渓谷見せ”過激衣装の賛否!
2
浜辺美波、「バスト突起」騒動にフォロワーは「歓喜」より「心配」のワケ
3
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
4
阿部華也子、初ドラマの“女教師役”で注目は「Dバスト」より「桃型ヒップ」!?
5
フジ渡邊渚、「Gカップを机の上に乗せた」ド迫力映像にファン悶絶!