芸能

波瑠 低視聴率女王の汚名返上で「悪女をやりたい」とキャラ変

 朝ドラヒロインという鮮烈ブレイクを頂点に、視聴率的には緩やかな低空飛行モードに入っていた。しかし今、波瑠(29)は意図的な「キャラ変」で失地回復を図ろうとしている‥‥。

 日本テレビ系の連続ドラマ「#リモラブ~普通の恋は邪道~」に主演中の波瑠にはこのところ不名誉な称号がついて回っていた。民放キー局の編成部員が嘆く。

「主演に抜擢された15年のNHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』は00年以降の同枠で最高平均視聴率を叩き出したのですが、以降、ヒット作になかなか恵まれず『低視聴率の女王』と呼ばれてきた。今回の『#リモラブ』も、大コケとは言わないまでも、初回、第2回ともに8%台と満足できる数字ではありません」

 一方、芸能ライターの竹下光氏はこれを擁護して、

「波瑠は、自他ともに認めるサバサバした男っぽい性格。要は、恋愛ドラマの恋に恋するヒロインみたいな役柄が決定的に合わないんです。制作側がそのことを理解していないから、当たり役になかなか出会えない。その証拠に硬派な主人公を演じたドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』(テレビ朝日系)は非常に好調でした」

 18年放映の「未解決の女」は、今年8月にもシーズン2がオンエア。いずれも平均視聴率12%を超える人気を獲得した。

「『未解決の女』では毎回、犯人や被害者に豪華ゲストを配し、視聴率も2シーズン続けて合格点。『相棒』や『ドクターX』のような看板作品に育てたいテレ朝が、シリーズ化にゴーを出したと言われています」(前出・キー局編成部員)

 ようやく汚名返上となりそうな波瑠だが、過去には「迷走時代」もあった。

「10代からモデルとしての実績がある波瑠ですが、ようやく女優として芽が出た朝ドラは25歳の頃。当時の現場では相手役の俳優・玉木宏らを相手に『ええ~、そうなんですかぁ~』なんて、かわいい天然キャラ風の絡みでベタベタしていたという話を聞きます」(スポーツ紙芸能デスク)

 下積みの長さゆえ、なんとか気に入られようと猫をかぶっていたということだろうか。現在のサバサバ系女子にキャラ変したのは、自然体でいられるよう「地を出した」結果に見える。

「交際中のオトコは同い年の無名の俳優で、男に媚びない彼女の性格的にもピッタリです。プライベートの充実が仕事への意欲をかきたてるのか、本人はキャラ変に乗じて『悪女役をやりたい』とも周囲に話しているそうです。11月公開の主演映画『ホテルローヤル』(ファントム・フィルム)は、ラブホテルが舞台で濡れ場もあるそうなので、アラサーの新境地セクシーにも期待したいですね」(前出・竹下氏)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道