芸能

黄金の“ミリオンセラー歌姫”を総直撃<忘れじのオンナたち>コロナ禍で消えた久保田早紀「異邦人」の復活

 時代を揺るがすほどのパワーがあった歌姫たちのヒット曲。このところ姿を見かけない歌手たちは今、どうしているのか──。

 美空ひばりの後継者と目され、2枚のミリオンヒットを持つのが都はるみ(72)だ。75年の「北の宿から」(143万枚)は翌76年の日本レコード大賞に、80年の「大阪しぐれ」(114万枚)は同賞の最優秀歌唱賞に輝いている。

 そんなはるみは「普通のおばさんになりたい」の言葉とともに、84年の紅白を最後に引退。その後、プロデューサー活動を経て、90年に歌手活動を再開。コンサートツアーや紅白を含めた歌番組へも積極的に出演したが、公私ともにパートナーだった中村一好氏の死去(08年)もあって心境が変化。

「いい詞に出会えばいいけど、なかなか巡り合わない」

 そのコメントを最後に、15年からは再び休業状態に入っている。

 ジュディ・オングの項でも触れたが、作曲家として日本一のセールスを誇る筒美京平作品。その初めてのミリオンヒットとなったのが、いしだあゆみ(72)の「ブルー・ライト・ヨコハマ」(68年)だった。

 昨年3月には元夫だった萩原健一の、そして今回の筒美氏の訃報に、それぞれコメントを出しているが、女優業は開店休業状態が続いていた。

「あまりの激ヤセぶりに体調不良説もささやかれましたが、久々に姿を見せたのが、ドラマ『やすらぎの刻~道』(テレビ朝日系)でした。女優として出世作となったドラマ『北の国から』(81~82年、フジ系)や、映画『駅 STATION』(81年、東宝)の倉本聰氏の脚本であったことから、出演に踏み切ったようです」(放送記者)

 完全復活も近いだろうか。さて、80年代を間近に控えた79年10月、彗星のごとく現れたのが久保田早紀(62)が歌う「異邦人」だった。シャープな美貌を持ち、ピアノによる弾き語りの自作曲は、オリエンタルムードも手伝って144万枚の特大ヒットを記録。その楽曲の完成度は今でも語りぐさとなっており、中森明菜、ZARD、原田知世ら数多くのアーティストにカバーされている。

 そんな久保田は、84年に音楽家の久米大作氏と結婚。同時に「久保田早紀」としての活動を引退。以降は本名である「久米小百合」名義で宗教音楽をベースとした活動を長らく続けることに。

「実は今年6月7日、36年ぶりに『久保田早紀』としてコンサートに出演することが発表されたんです」(音楽プロモーター)

 ところが、コロナ禍により公演は中止。来年1月27日への延期が決まったが、再度の中止がなければ「異邦人」を披露する貴重な機会となりそうだ。

 人気女優だった藤谷美和子(57)は、かねてから目指していた歌手の道を、大内義昭(故人)とのデュエット曲「愛が生まれた日」(94年)を得て、念願のデビューにこぎつける。自身の主演ドラマの主題歌であり、カラオケの定番になったことで132万枚を売り上げた。

 同年の日本レコード大賞で優秀作品賞を、そして紅白歌合戦にも初出場を決めたが、藤谷にとってもこの年が活動のピークとなる。03年には皇居坂下門にタクシーで乗りつけ「紀宮様は私の妹」と1時間余り車内に籠城する騒動を起こしたことも。

 05年以降、活動はストップしたままとなっているが、警視庁のテロ対策リストでは、今も「監視対象者」に挙げられている‥‥。

 92年に「サヨナラ」でブレイクしたGAOは、性別・年齢不詳を売りにしていた。ハスキーな声質と、短髪でデニムが似合うスタイルがそれを可能にした。ところが、17年には週刊アサヒ芸能のインタビューで、こんな後日談を明かしている。

「性別不詳といっても、普通に見れば女だとわかるだろうと思っていたんです。ところが、ファンレターに『ずっと男性だと思っていました。女性と知り、ショックで失恋した気分です』と書いてくる人もいました」

 文字どおり、勘違いからファン心理的にも「サヨナラ」となってしまったようだ。ちなみに、GAOは現在もマイペースな活動を続けている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し