スポーツ

「坂本勇人からもらったバットを…」前田健太が“やらかした”過去を動画激白!

 日本プロ野球界において、1988年生まれの世代はなんと豪華なことだろうか。

 歴代2番目の若さで2000本安打を達成した巨人の坂本勇人、楽天からMLBに渡った田中将大、ソフトバンクの柳田悠岐、NPBでの歴代最高記録である216安打を放った秋山翔吾、今シーズン45イニング連続無失点の球団記録を樹立した中日の大野雄大など華やかなスター選手が目白押しだが、この人のことも忘れてはいけない。広島カープでは最多勝2度、最優秀防御率3度、最多奪三振2度のタイトルを獲り、沢村栄治賞に2度輝いた、現在はMLBプレイヤーの前田健太だ。

 その前田のYouTubeチャンネル〈マエケンチャンネルKENTA MAEDA〉、11月9日投稿の〈坂本勇人選手2000本安打おめでとうございます!!〉を観てみると、88年組の中でも、同じセ・リーグだったことから、ことさら坂本をライバル視していたと語る前田、試合前には和気あいあいと会話することもあったが、しかし坂本のことは「一番打ち取りたかった選手」とも明かしており、新たに覚えたボールを試すなど、工夫をしないと打ち取れない選手だったと坂本を評した。

 そんな中、前田は“やらかした”エピソードも明かした。対巨人戦でのこんな出来事だ。前田が送りバントを失敗して思わずグラウンドに叩きつけ折ってしまったバットが、実は坂本からのプレゼントで、ショートの守備位置に立つ坂本にベンチに戻った前田は小さく「ゴメン」とゼスチャーを送ったというのだ。

 しかし、後日、また新しいバットが前田のもとに届いたと言うから、坂本の懐の深さが伺える貴重な話で、「まだまだ2000本の次は3000本かな。3000本とか打ってほしいなと思います」と、前田は坂本にエールを送り、番組を結んだ。

 華やかな88年組の中でも最速で名球会入りを果たした坂本。次の名球会入りは、田中将大か、前田健太か…楽しみに待ちたい。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
Snow Man渡辺翔太の発言が騒動に!ガーシー予告「もう一組抜ける」の信ぴょう性
2
平愛梨に真野恵里菜…次々にゴールを決めるサッカー選手に“怨嗟”の声
3
スペイン戦直前…本田圭佑が放った「権力者は退場せよ」猛烈批判の真意
4
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
5
柴崎岳がサブ扱いで囁かれる真野恵里菜「さげまん説」!