女子アナ

小林麻耶は氷山の一角!?増殖中の「オカルト有名人」の最新事情をレポート

 古巣であるTBS系の朝の情報番組「グッとラック!」を降板したかと思えば、所属事務所からも契約解除を言い渡された元女子アナの小林麻耶。背景には、「子宮系」と言われるオカルト色の強い考えにハマっていたことがあるとみられる。はたして芸能界では、実は「オカルト有名人」が大増殖中だというのだ。知られざるその実態に11月24日発売の「週刊アサヒ芸能」が肉薄している。

 ワイドショースタッフが明かす。

「小林は以前から“オカルト”に傾倒していて、中でも『子宮系』というカテゴリーのセミナーやイベントにもたびたび顔を出していたんです。渦中の夫である整体師の國光吟氏ともセミナーで知り合ったほど縁が深い。15年10月には『子宮系』のカリスマの一人であるH氏と2人で写った写真をインスタグラムに掲載していたほどです」

 いわゆる「子宮系」とは現在、30代から50代の女性を中心に流行しているオカルトワード。「子宮の声を聞いて欲望を開放すれば運が開ける」「子宮を大事にすることで異性が寄ってくる」など「子宮」を神聖視して崇拝や信奉したりするムーブメントとして、多くのカリスマや怪しげなグループが濫立している状況なのだ。

「中には高額なセミナーやDVDを売りつけたりするグループもあるほどで、問題視する専門家もいます。一部スポーツ紙の情報では、小林アナが子宮の中にパワーストーンを入れるとパワーを手に入れることができると周囲に勧めているという情報も出るなど、相当傾倒していた様子がうかがえます」(前出・スタッフ)

 他にも藤原紀香と片岡愛之助夫妻や道端ジェシカ、参議院議員の須藤元気といった面々もオカルトにハマっている。その全貌を11月24日発売のアサヒ芸能12月3日号が詳報している。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
2
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
3
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”
4
「人気急騰」明日海りお、宝塚ファンから聞こえてきた男役時代の“意外な評判”
5
加藤綾子、明石家さんまが明らかにした“多忙は関係ナシ”の超肉食オトコ選び