スポーツ

異次元の人!「世界の王」、ミスタージャイアンツへの“動画絶賛”ぶりのスゴさ

 巨人V9時代の偉大な功績を築いた最大の功労者ともいえる「ONコンビ」、世界のホームラン王・王貞治氏と、ミスタージャイアンツ・長嶋茂雄氏。

 長嶋氏は1974年に現役を引退、75年から巨人の監督となったが、王氏は80年に現役を退くと、84年から巨人の監督を務めた。

 95年、王氏が福岡ダイエーホークスの監督に就任すると、2000年には長嶋氏がふたたび監督を務める巨人との日本シリーズでの対戦が実現、「ON監督対決」と注目を浴びた反面、王氏がどこか巨人とは一線を画した遠いところに行ってしまったような印象にも思えたものだった。

 そんな王氏が、巨人で活躍した元プロ野球選手、ウォーレン・クロマティ氏のYouTubeチャンネル〈クロマティチャンネル〉に出演、現役時代の長嶋氏の印象について語る貴重な内容を〈【神回いよいよ完結】世界の王貞治から溢れる野球愛、そしてクロマティへのメッセージ(後編)【王さんから見た長嶋茂雄とは?】〉とタイトルして11月23日に投稿した。

「長嶋さんて言うのはスケールが大きすぎてね、僕ら、物差しが違うって感じだったですね」

 世界のホームラン王にして、こう言わしめる長嶋氏。王氏はこう続けた…。

「野球もすごかったですし、バッティングも球際が強かったしね、守備も良かったし、足も速かった、本当にスーパースターだよね。それにプラス、人間的にもすごい大きな人で、絶対人の悪口は言わないしね、陽気だしね。ヒマワリみたいな、太陽みたいな、同じ人間なんだけど、ちょっと違う人って感じ?」

 大絶賛の王氏は、「一目置くと言う言葉があるが、十目も百目も置くような異次元の人」とも語った。

 巨人のV9時代を振り返っては、選手もすごいが、故・川上哲治監督の手綱さばきが素晴らしかったとも評しており、王氏の人間の素晴らしさも実感できた動画となった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
3
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】
4
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
5
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか