スポーツ

日本シリーズ、セ優勢時代はヤクルト野村監督「あの監督への闘志」が作った!

 セ・リーグとパ・リーグはどちらが強いのか?しばしば問われてきた論争だが、過去の日本シリーズを見てみると、巨人のV9時代が1973年に終わり、しばらくセ・パ混沌とする。

 82年から92年までの11年間では常勝球団の西武ライオンズが8度制しており、2011年からの10年間では、去る11月25日、巨人に4連勝し、4年連続で日本一となったソフトバンクが、10年のうちで7度日本一と、強さを見せつけていることから、近年はパ・リーグ優勢の印象だ。

 ところが、93年からの10年間を見てみよう。もっとも日本一に輝いているのはヤクルトスワローズの4度で、続く巨人が3度、横浜ベイスターズ、オリックス・ブルーウェーブ、福岡ダイエーホークスが各1度とセ・リーグが優勢だったのだ。

 この、ヤクルトの4度の日本一のうち、3度は故・野村克也監督時代であり、当時、ヤクルトは何ゆえに強さを発揮していたのかを、95年にヤクルトに入団し、日本一を3度味わった元プロ野球選手の宮本慎也氏が明かす番組があった。

 YouTubeチャンネル〈日本プロ野球名球会チャンネル〉の、11月20日投稿回である〈【宮本慎也が語る】野村克也監督率いるヤクルト黄金期の秘密と「監督待望論」〉を観てみると、宮本氏が入団した当時、すでに野村ヤクルトは日本一を1度成し遂げ強豪チームの仲間入りを果たし、「ヤクルトの野村監督VS巨人の長嶋監督」の構図が明らかであった。

「打倒巨人」「巨人に勝たないと優勝できない」をスローガンに、野村監督はローテーションを少々崩してでも巨人にエースをぶつけるなど、わかりやすく標的を絞っていたと宮本氏は振り返ったのだった。

 19年、20年とセ・リーグ連覇を成し遂げた原辰徳巨人だが、今年も昨季に続く日本シリーズ4連敗。そんな巨人を最大のライバルとして熱意と敵意を剥き出しにして、ペナントレースを戦う他球団の監督が現れることが、セ・リーグの強化をはかる上で急務なのかもしれない。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
加藤綾子「活動休止」で蘇る…女子アナ生活14年を彩った「男7人」との「本当の関係」
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
広島カープOBが佐々岡監督Bクラス辞任を「バッティングセンター状態だった」酷評
5
激ヤバ!「チケットが売れない」オズワルドの大ピンチは伊藤が蛙亭イワクラと交際したから