スポーツ

日本シリーズ、セ優勢時代はヤクルト野村監督「あの監督への闘志」が作った!

 セ・リーグとパ・リーグはどちらが強いのか?しばしば問われてきた論争だが、過去の日本シリーズを見てみると、巨人のV9時代が1973年に終わり、しばらくセ・パ混沌とする。

 82年から92年までの11年間では常勝球団の西武ライオンズが8度制しており、2011年からの10年間では、去る11月25日、巨人に4連勝し、4年連続で日本一となったソフトバンクが、10年のうちで7度日本一と、強さを見せつけていることから、近年はパ・リーグ優勢の印象だ。

 ところが、93年からの10年間を見てみよう。もっとも日本一に輝いているのはヤクルトスワローズの4度で、続く巨人が3度、横浜ベイスターズ、オリックス・ブルーウェーブ、福岡ダイエーホークスが各1度とセ・リーグが優勢だったのだ。

 この、ヤクルトの4度の日本一のうち、3度は故・野村克也監督時代であり、当時、ヤクルトは何ゆえに強さを発揮していたのかを、95年にヤクルトに入団し、日本一を3度味わった元プロ野球選手の宮本慎也氏が明かす番組があった。

 YouTubeチャンネル〈日本プロ野球名球会チャンネル〉の、11月20日投稿回である〈【宮本慎也が語る】野村克也監督率いるヤクルト黄金期の秘密と「監督待望論」〉を観てみると、宮本氏が入団した当時、すでに野村ヤクルトは日本一を1度成し遂げ強豪チームの仲間入りを果たし、「ヤクルトの野村監督VS巨人の長嶋監督」の構図が明らかであった。

「打倒巨人」「巨人に勝たないと優勝できない」をスローガンに、野村監督はローテーションを少々崩してでも巨人にエースをぶつけるなど、わかりやすく標的を絞っていたと宮本氏は振り返ったのだった。

 19年、20年とセ・リーグ連覇を成し遂げた原辰徳巨人だが、今年も昨季に続く日本シリーズ4連敗。そんな巨人を最大のライバルとして熱意と敵意を剥き出しにして、ペナントレースを戦う他球団の監督が現れることが、セ・リーグの強化をはかる上で急務なのかもしれない。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
2
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
3
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
4
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!
5
ドラマ出演の鷲見玲奈、本番前に「野村周平と濃厚キスしまくり」報道に反論!?