芸能

和田アキ子、NiziUの紅白出場に“嘆き節”で遠くかすむ「40回目復帰」

 12月13日放送の「アッコにおまかせ!」(TBS系)での、和田アキ子の「NHK紅白歌合戦」にまつわる発言が話題を呼んでいる。

 番組では、シンクタンク組織であるZ総研が、トレンドに敏感な“Z世代=25歳以下”の女性541人を対象に行った「21年トレンド予測」を取り上げ、来年は「なにわ男子」、「台湾カステラ」、「夜ピク(夜ピクニック)」などが流行ると紹介。そんな中、ガールズグループ・NiziUのデビュー曲「Step and a step」の“うさぎダンス”が挙げられた際に、和田の注目発言が飛び出した。

「去年で言うとほら、DA PUMPの『U.S.A.』みたいな、子どもが親と一緒に楽しめるってやつじゃない?でももう、(NiziUが話題になったのは)デビューする前からだよね」と和田。NiziUはCDデビュー前に紅白出場が決まっているが、和田は「こういう言い方したらすごい変だけど、嫌味でも何でもなくね」としつつ、「昔、私紅白に出させていただいた時、当時は紅白ってどんなに歌がヒットしてもその年は出られなかったの。あくる年じゃないと。だから私、『どしゃぶりの雨の中で』はヒットしたけど出られなくて、『笑って許して』で出たんですよ」、さらに「今の子って、デビューもしてないのに、どうなってるんだろうねこの基準は。変わってる。時代はね」と嘆いたのだ。

「和田は15年の66回紅白まで30年連続で出場し、40回目の出場がかかった16年で落選。『紅白を見たくない』と自身のラジオ番組で恨み節を炸裂させ、その後も『大人の対応をして欲しかった』などと発言。今年5月にも“リモート紅白”の報道に『今この時期にどうするとかって違うと思う』とし、そこまでしてやる必要はないと指摘。NHK関係者の感情を逆なでするような発言を続けており、またか…という感じです。そもそも、和田の場合はヒット曲がなないにもかかわらず連続出場していたことが“温情出演”とヤユされ、その“基準”自体も反発を呼んでいました。ネット上でも今回、《まだ恨んでるとはよっぽどだな》《そんなこと言ってるから紅白には呼ばれない》と、残念な声が出まくっています」(エンタメ誌記者)

 和田は毎度、紅白の話になると「お世話になっていた」とひと言入れるが、その後に吐き出す苦言を聞けばまったくフォローになっていない。このままでは40回目の出場は離れていくばかりだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”
5
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合