スポーツ

「巨人には中畑がいない」槙原寛己が指摘したシリーズ大敗“最大の要因”

 巨人相手に4勝0敗の圧倒的な力の差を見せて今年の日本シリーズを制し、4連覇を飾ったソフトバンクホークス。

 振り返ると、初戦を勝利した千賀滉大の力強いピッチング、MVPに輝いた栗原陵矢の適時ホームランから始まり、柳田悠岐、ジュリスベル・グラシアルなど打撃陣が充実、また森唯斗、リバン・モイネロといった抑え、中継ぎピーッチャーの鉄壁の布陣、それを的確にリードする甲斐拓也の働きなど、攻守に渡ってスキの無さを見せつけた。

 さらには第3戦、代打、長谷川勇也の打球がセカンドゴロに打ち取られた際、ヘッドスライディング後の人工芝を悔しそうに叩きつけたシーンが印象的で、むしろ巨人の選手に無いのが残念だったが、テレビ東京が運営するYouTubeのスポーツチャンネル「テレビ東京スポーツ」に、巨人で活躍した元プロ野球選手の槙原寛己氏が出演し、巨人OBのあの選手なら、パフォーマンスでやったはず…といった発言をした。

 槙原氏は、長谷川のプレーを振り返り、「あれをジャイアンツの選手がやったのであれば、まだまだ楽しみだし、ファンも納得したと思うけど、逆だもん」と苦言を呈し、「○○さんなら、そんなに悔しくなくても、パフォーマンスでやってますよ」と指名したのは、こちらも巨人で活躍した元プロ野球選手の中畑清氏だった。

 12月15日投稿〈中畑清×槙原寛己 2020年野球界総まくり(前半)「巨人8連敗は許されない負け方」〉がそれで、槙原氏は「(中畑氏なら)選手たちに俺の姿を見ろってやってくれたと思うんですよね。そういう選手がいなかったのが残念かなと思いました」と口にし、隣りで聞いていた中畑氏も「悔しさもない、淡々と8連敗して終わってしまったというね…」と憤りを隠せない様子だった。

 優等生揃いの巨人ナインから、中畑氏のように個性的な選手が出てきてくれることを巨人ファンは願っているかもしれない…。(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
3
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
4
これで大逆転!吉岡里帆が「バスト公開映像」を解禁した「背に腹は代えられない事情」
5
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像