女子アナ

赤江珠緒“下半身バキューム音”にしか聞こえない!下ネタ大暴走の「好感度」

「赤江珠緒たまむすび」(TBSラジオ)は、フリーアナの赤江珠緒がMCを務める2012年から放送が始まった人気番組だが、12月15日の放送では、下半期の生放送中に起きた“NG集”を取り上げた。

 そのコーナーの紹介の時点で「下半身ではなく下半期」などと下ネタを繰り出していた赤江。

「NGを振り返ると、最も多かったのがトークの途中でCM入ってしまうパターンだったのですが、次に多かったのが“言い間違え”で、風車(かざぐま)を“ふうしゃ”、ラーメンの家系を“うちけい”、環七を“かんしち”、“骨を切らせて肉を断つ”など出るわ出るわといった具合だったのですが、極め付きは、リスナーのペンネーム。ここではシモ過ぎて言えませんが、区切りどころを間違えて完全に男のマラそのものを表す単語を発してしまい、この日パートナーを務めていたカンニング竹山でさえも『マジ!?これはヤバイ!』と焦っていたほど。ただ、赤江本人は謝りながらも爆笑する余裕っぷりでしたね」(エンタメ誌記者)

 ほか同コーナーでは、時折赤江が繰り出す独特すぎるモノマネも紹介されたのだが…。

「彼女曰く、ヘリコプターでもドクターヘリと『高須クリニック』のCMに登場する“ドバイのヘリ”の音は違うらしく、“プロペラ音”をよく真似するのですが、いずれも『ジュボボボ ジュルジュルジュル!』で、男の下半身を“バキューム”する音にしか聞こえない(笑)。わざとやっているのか定かではありませんが、男性ファンの間では大好評のようです」(前出・エンタメ誌記者)

 赤江といえば昨年4月、同番組のパートナーの一人である博多大吉との“芝生デート”が「FRIDAY」に報じられ釈明に追われたが、現在は放送中、“芝生”の単語が出るたびに敏感な反応を見せるなど、完全にネタ化している様子。下ネタOKといい、そんなあけすけな性格が、リスナーに好感を持たれ続ける理由なのだろう。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋山翔吾が縁もゆかりもない広島カープ移籍を決断した「批判禁止」の掟
2
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
3
ヤクルトに「優勝はやめて」懇願するフジテレビ中継の困惑と悲哀
4
Tシャツをズボンに入れると…永野芽郁の「バスト突出」「透け肌着」大サービスのロケ現場
5
「ちむどんどん」よりも人気…96年朝ドラ「ひまわり」再放送の松嶋菜々子がすごい!