芸能

マヂラブ村上の負傷、一歩間違えれば「致命傷もありえた」危険な事故だった!

 12月20日に決勝戦が行われた「M-1グランプリ2020」で優勝した「マヂカルラブリー」のツッコミ担当・村上が、特番のリハーサル中に左足を負傷。左足親指の爪がはがれるなど全治2週間程度のケガを負った。

 幸い、歩行を含めて日常生活に制限はないと診断されており、同日中にはネタの収録もできたとか。特番を収録していた日本テレビ側はホッと胸を撫でおろしたに違いないが、一歩間違えれば大事故を招いた恐れもあったという。

「日本テレビによると村上は、舞台の昇降機からジャンプして登場する際に、昇降機の枠につま先を挟まれたようです。つまり『迫り』(せり)が上がり切る際に床との間に挟み込まれたのでしょう。国内の劇場やスタジオでは様々な事故が発生していますが、迫りと奈落に関する事故では亡くなってしまうケースも過去には起こっており、村上が全治2週間のケガで済んだのは不幸中の幸いかもしれません」(芸能記者)

 2012年には市川染五郎が奈落に転落し、鼻や口からも出血するケガで公演は中止に。1981年にはアイドルの河合奈保子が迫りに転落し、腰椎圧迫骨折で全治2カ月の重傷を負ったこともある。そういった転落事故に加えて、舞台装置に巻き込まれる形の事故も珍しくないというのだ。

「旧・宝塚大劇場にて1958年に発生した事故では、迫りを動作させる舞台装置に衣装が巻き込まれ、21歳のタカラジェンヌが亡くなっています。1992年には故・本田美奈子さんが120キロもの舞台装置に右足を轢かれ、足の指を4本骨折したうえ19針を縫う重傷。しかし本田さんは靴の中を血だらけにしながら、ミュージカルの第一幕を最後まで歌い切っていました」(前出・芸能記者)

 村上の事故でも挟んだ場所が悪ければ、さらに大きなケガを負っていた恐れもある。本人の注意はもとより、舞台装置を扱う関係者にもより一層の慎重さが求められる。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
2
かまいたち山内が選んだ週刊少年ジャンプ「歴代最高マンガ」に同意の声続々!
3
新木優子、“8等身ボディ”写真でむしろ注目を浴びた「Bバスト」のカタチ
4
草なぎ剛、「芸能人格付け」で“GACKTの代役”出演希望の声が殺到中!
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(2)アイドルアナとして大ブレイク