芸能

東国原英夫「“宮崎県知事選再出馬”と“大阪市・都構想撤回”発言の本音」

20131031h-2

 9月末に投開票された大阪府堺市長選で、推薦候補が敗北を喫した「日本維新の会」にまたもや火種が生じている。今度は東国原英夫氏(56)が「都構想撤回」と「宮崎県知事選再出馬」に意欲を示していると報じられたのだ。そこで緊急直撃すると‥‥。

 問題発言は、10月5日放送の「たかじん胸いっぱい」(関西テレビ系)での発言だった。番組に出演した東国原氏は、堺市長選敗北の総括から都構想の見直しに話題が進み、

「そうしましょうか? 都構想やめちゃいましょうか」

 と、半ば諦め顔で語ったのだ。

 さらに番組放送から1週間後の12日の地元紙には、「宮崎県知事選再出馬に意欲」と再来年1月で任期が切れる宮崎県知事への再登板が取りざたされ、にわかに東国原氏の周辺が騒がしくなっているのだ。

 政治部記者が語る。

「東国原氏は、維新の会の橋下氏との蜜月関係がきっかけで党に参加した経緯がある。ところが、6月の橋下氏の従軍慰安婦の発言をキッカケに、党内での求心力が大きく低下。党内はゴタゴタした状態が続いている。そこで後ろ盾を失った東国原氏は、国政に見切りをつけて、再び首長に戻るのではないかと見られているんです」

 そこで、東国原氏にコトの真相を尋ねると、宮崎県知事再出馬について、公の席で発言したことは“事実”と認めつつも、真意をこう説明した。

「県民の皆様、県の関係者や県内の友人、知人、支援者の方々と意見交換をさせていただいていることは事実です。地方の活性化だとか宮崎の現状だとか地方の疲弊だとか、地域経済の問題点だとかそういったことについて、平素よりお話をさせていただいてます。その中で、『ちょっと宮崎が盛り上がっていない』『元気がない』ということで『もう一回、やってくれないか』という意見や要望等があることも事実です。また雑談の中で、『もう一回やってよ』なんていう笑い話の中で、半分冗談で私が『わかりました』と明るくリアクションするケースはあります。そういった意見が恐らく関係者を通じてマスコミの報道につながったんではないかなと推察しております。あくまで日常会話レベルのお話で、次の県知事選に立候補等を検討しているという事実はございません」

 さらに、都構想の見直しについても「あくまで番組上のリップサービス」というスタンスを崩さない。

「都構想の見直しというお話も、まったくございません。大阪都構想は確実に粛々と進めていかなければいけないと思っています」

 と、今までどおりに維新の会所属の国会議員として職務を全うする発言に終始した。

 だが、今回の一連の発言には、東国原氏一流の“ポジショントーク”という話もある。大阪在住のジャーナリストの吉富有治氏が語る。

「東国原氏が再び県知事に鞍替えの意向があるとするならば、今の維新の会に対し、距離を置こうとしているんじゃないでしょうか。宮崎県知事の時は都道府県のトップで、脚光を浴びていました。今は国会議員とはいえ、大臣じゃないので脚光は浴びません。本来、東国原氏は国会議員ですから、大阪都構想と直接は関係ないです。大阪都構想を進めないといけないのは大阪府議会、大阪市議会の大阪維新の会の議員ですから‥‥」

 このまま空中分解か。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
保坂尚希、故・西城秀樹への“無邪気発言”で「生放送に向いてない」大批判!
2
デカすぎ!「半分、青い。」永野芽郁のボディコン姿に浮上した“疑惑”とは?
3
日テレアナも号泣! 長渕剛、“TOKIOのための熱唱”に感動する人々が続出
4
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
5
中村アン、主演ドラマ「ラブリラン」で“違和感&棒演技”も好感度上昇の理由