芸能

「ママはMのポーズが…」インリン、“息子にバレた過去”告白で見せた複雑表情!

 過激な衣装での「M字開脚」や、「Eカップ」とされる豊かな美バストで、主に2000年代を中心に世の男性を魅了し続けてきたタレント・インリン(旧芸名はインリン・オブ・ジョイトイ)。

 現在は、出身地である台湾の台北市に移り住み、10歳の長男を筆頭に、二男一女の母親となっているのだが、みずからのYouTubeチャンネル〈インリンちゃんねる〉の中、YouTubeで定番となっている「100の質問」に回答する動画を投稿したところ、年頃の長男に、インリンのかつての艶やかな活動ぶりが明るみになって「戸惑い…」といった一幕を見せた。

 1月11日に〈【100の質問】インリンの双子出産、夫婦生活、M字開脚時代など禁断な質問に答えます♪〉とタイトルした投稿回がそれだ。

“勝負する際の肌着”の色について聞かれた質問には、「そんなことまで聞かれるの?」と戸惑いつつ「黒ですかね…」と答えたり、Q〈今まで付き合った男性の人数は?〉に「片手で収まるんですよ。少ないです」などと少々艶度高めの質問にも回答。

 そして質問が、Q〈お子さんはM字開脚時代のママ知ってますか?〉に進むと、「この前、長男に急に聞かれたんですよ。『ママってMのポーズが得意なの?』って…」と、ここでインリンは突如「M字開脚のことじゃん!って思って」と声を大にして、「検索してるらしいです…」とママとして複雑といった表情を浮かべたのだった。

 今年の抱負は「チャンネル登録者数を10万人にしたい」、過去のグラビアの仕事を「誇りに思っている」とも語っているインリン。1月13日現在、4.28万人のチャンネル登録者数を伸ばすためにも、ここはひとつ、惜しみない肌見せ度高めの艶やかな動画の投稿に期待したいところだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
2
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
5
巨人「外国人獲りまくり計画」にOBが声を荒らげ猛反論