芸能

美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(2)日テレ・岩田絵里奈は大物俳優との熱愛報道も

 そこで気になるのが、水卜アナが抜けたあとの「スッキリ」の後継者だ。「エース禅譲」とばかりに指名されたのは、入社4年目を迎える岩田絵里奈アナ(25)である。

「まったく驚きのない抜擢ですね。入社2年目ぐらいから局内では『ポスト水卜は岩田だ』と言われていましたから」

 芸能評論家の三杉武氏も、岩田アナの力量に太鼓判を押す。

「入社間もなく起用された『世界まる見え!テレビ特捜部』からビートたけしや所ジョージら大物芸人を相手にひるむことなく、その後も『沸騰ワード10』でバナナマンを相手にそつなく進行を手がけるなど、仕切りのうまさで局内の評価はうなぎ登り。近年は30歳以上のベテラン勢が上位を占めている『好きな女子アナランキング』でも昨年、若手アナとして唯一、初登場8位にランクインするなど、視聴者の好感度も高まっています」

 岩田アナは中学時代から芸能活動を始め、大学時代に「ミス慶應コンテスト2016」でファイナリストに選出された経歴の持ち主だ。入社前には、あの大物俳優との熱愛も取りざたされていた。日テレスタッフが証言する。

「岩田アナは15年に『大沢たかお(52)の彼女』として報道され、注目を集めました。真偽はともかく、その報道のせいで当初は『人気俳優とつきあっていたくらいだから、勘違いして気取ったタイプなんじゃないか』という悪いイメージを持つ局員もいたのですが、実際はまったく逆でした。バラエティーのノリにも上手に対応し、水卜アナ顔負けの大食いぶりを披露するなど現場ウケがいい。視聴者にも庶民派イメージで受け入れられています」

 当初のイメージとのギャップがプラスに働いてきたようだ。一方、先のスタッフからはこんな懸念も。

「岩田アナの強みは女性視聴者を味方につけていることです。それだけに今後は、同性を敵に回すような熱愛スキャンダルには注意してほしい。たとえジャニーズアイドルとの関係を報じられても、その人気に影響がなかった水卜アナのように盤石な地位を築いてほしいものです」

 男関係を“スッキリ”させて、日テレの次世代エースに君臨してほしいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
稲村亜美、雪中ドラム缶風呂に“タオル1枚”で隠し切れなかった「Eカップ」
2
真木よう子、「青のSP」で噴出「演技力とバスト激揺れは反比例」考察とは?
3
“清純派”高橋ひかる、突如の「三角エリア見え」衣装で指摘された“ウラ事情”
4
あわや放送事故!?高橋ひかる、「20分間スカート奥見え」の“騒然”瞬間とは
5
高岡早紀、肌見せまくり黒ワンピ写真公開も「気になるボディ変化」の指摘が!