芸能

美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?

 さて、朝の情報番組枠で日テレに地殻変動が起きたことで、相対する他局も騒がしくなってきた。

 平日早朝5時50分から放送されている「ZIP!」の水卜アナを迎え撃つ裏番組といえば、先んじて5時から同じく8時まで放送されるNHK「おはよう日本」である。メインキャスターを務めるのは桑子真帆アナ(33)だ。

 桑子アナは昨年2月、和久田麻由子アナ(32)と入れ代わる形で「ニュースウオッチ9」から「おはよう日本」担当となった。さらに昨年の「紅白歌合戦」では1年ぶりに総合司会という大役も務め上げ「NHKの顔」を証明。水卜アナを迎撃するのに不足はない。ところが状況が変わったと、NHK関係者がささやく。

「一昨年から交際している小澤征悦(46)と年内には結婚すると言われているんです。というのも、桑子アナは小澤との交際は真剣だとアピールし、『結婚も視野に入れています』とすでに局に報告しています。さらには、結婚に向けて小澤が桑子アナに『仕事を辞めてほしい』と言っているというのです。少なくとも秋の編成には間に合うように、結婚退社を局に伝えるでしょう」

 近い将来のエース離脱危機について、NHKも手をこまねいているばかりではなかった。すでに後継として、「ニュース7」でサブキャスターを務める平日担当の上原光紀アナ(29)と、土日担当の池田伸子アナ(35)の名前が浮上している。

 女子アナウオッチャーの丸山大次郎氏が解説する。

「NHKでは『おはよう日本』『ニュース7』『ニュースウオッチ9』の3番組が出世コースとなっている。その担当者は必然的に、局の期待を大きく背負っています」

 熾烈な看板争いが予想されるが、一歩リードしているのはベテランの池田アナだという。

「『朝』のイメージとして順当なのは清楚な池田アナですね。報道から情報バラエティー系まで、そつなくこなしてきています。名古屋放送局時代には、12年と13年に『おはよう日本』のキャスター代理を担当したこともあるので、そこも強みでしょう。一方の上原アナは派手な美形ルックスで、桑子アナや和久田アナと並ぶエース的な華やかさが武器です。とはいえ、付きまとうのは『夜』のイメージ。いかに『おはよう日本』になじめるのかがカギとなります。桑子アナも夜から朝にシフトした口ですから、エースを禅譲されたいのであれば、前任者の歩みを研究し、踏襲してほしいものです」(丸山氏)

 朝の顔を襲名するためには、他局ばかりか、身内とのレースにも勝ち残らなければならないのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
稲村亜美、雪中ドラム缶風呂に“タオル1枚”で隠し切れなかった「Eカップ」
2
真木よう子、「青のSP」で噴出「演技力とバスト激揺れは反比例」考察とは?
3
“清純派”高橋ひかる、突如の「三角エリア見え」衣装で指摘された“ウラ事情”
4
あわや放送事故!?高橋ひかる、「20分間スカート奥見え」の“騒然”瞬間とは
5
高岡早紀、肌見せまくり黒ワンピ写真公開も「気になるボディ変化」の指摘が!