芸能

美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?

 さて、朝の情報番組枠で日テレに地殻変動が起きたことで、相対する他局も騒がしくなってきた。

 平日早朝5時50分から放送されている「ZIP!」の水卜アナを迎え撃つ裏番組といえば、先んじて5時から同じく8時まで放送されるNHK「おはよう日本」である。メインキャスターを務めるのは桑子真帆アナ(33)だ。

 桑子アナは昨年2月、和久田麻由子アナ(32)と入れ代わる形で「ニュースウオッチ9」から「おはよう日本」担当となった。さらに昨年の「紅白歌合戦」では1年ぶりに総合司会という大役も務め上げ「NHKの顔」を証明。水卜アナを迎撃するのに不足はない。ところが状況が変わったと、NHK関係者がささやく。

「一昨年から交際している小澤征悦(46)と年内には結婚すると言われているんです。というのも、桑子アナは小澤との交際は真剣だとアピールし、『結婚も視野に入れています』とすでに局に報告しています。さらには、結婚に向けて小澤が桑子アナに『仕事を辞めてほしい』と言っているというのです。少なくとも秋の編成には間に合うように、結婚退社を局に伝えるでしょう」

 近い将来のエース離脱危機について、NHKも手をこまねいているばかりではなかった。すでに後継として、「ニュース7」でサブキャスターを務める平日担当の上原光紀アナ(29)と、土日担当の池田伸子アナ(35)の名前が浮上している。

 女子アナウオッチャーの丸山大次郎氏が解説する。

「NHKでは『おはよう日本』『ニュース7』『ニュースウオッチ9』の3番組が出世コースとなっている。その担当者は必然的に、局の期待を大きく背負っています」

 熾烈な看板争いが予想されるが、一歩リードしているのはベテランの池田アナだという。

「『朝』のイメージとして順当なのは清楚な池田アナですね。報道から情報バラエティー系まで、そつなくこなしてきています。名古屋放送局時代には、12年と13年に『おはよう日本』のキャスター代理を担当したこともあるので、そこも強みでしょう。一方の上原アナは派手な美形ルックスで、桑子アナや和久田アナと並ぶエース的な華やかさが武器です。とはいえ、付きまとうのは『夜』のイメージ。いかに『おはよう日本』になじめるのかがカギとなります。桑子アナも夜から朝にシフトした口ですから、エースを禅譲されたいのであれば、前任者の歩みを研究し、踏襲してほしいものです」(丸山氏)

 朝の顔を襲名するためには、他局ばかりか、身内とのレースにも勝ち残らなければならないのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
4
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」
5
大臣になった扇千景が怒りに震えた人間国宝の夫「御開帳ハレンチ写真」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史