スポーツ

桑田真澄、「巨人V奪還」を故・藤田元司監督に誓った胸に“去来する記憶”!

 2021年シーズンから読売ジャイアンツ一軍投手チーフコーチ補佐に就任することが決まった、桑田真澄氏。

 読売ジャイアンツのYouTubeチャンネル〈読売ジャイアンツ〉で、1月12日に原辰徳監督同席で行われたコーチ就任会見の様子が投稿され、桑田氏の背番号は、恩師と仰ぐ故・藤田元司氏の「73」を継承したことが発表された。

 1月13日に〈「指導者のエースに」桑田真澄 会見〉とタイトルされた投稿回がそれで、菅野智之投手について記者に問われると「非の打ちどころがないピッチャー」と絶賛の桑田氏。

 さらには「まだまだ伸びしろがある」とも加えており、「もう少し彼の潜在能力を引き出すことができたら嬉しいなと思います。日本一のために全力で投げてもらいたい」とした。

 そして背番号に関しては、「原監督から背番号73番をいただきまして、これは僕の恩師の藤田監督がつけられていた番号ですので、藤田さんにも恥じないように、指導者としてエースになれるように頑張っていきたいなと思っております」と、桑田氏は結んだ。

 振り返れば、桑田氏は1985年にドラフト1位で巨人入団。当時は王貞治監督のもとでデビュー戦を飾った。

 89年からは藤田監督に切り替わり、以後、長嶋茂雄氏、原辰徳氏、堀内恒夫氏と、巨人での通算20年間の中で5人の監督と関わっている。桑田氏は最優秀防御率2回、最多奪三振1回のタイトルを獲っているが、いずれも藤田監督時代のものではなかった。それでも、藤田監督元年の開幕戦で先発ピッチャーを務め、日本一を獲った輝かしい記憶は今も鮮明に残っていることだろう。

 天上の藤田氏に巨人の日本一を見せてもらいたいものだ。

 (ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」