スポーツ

「ゴールデングラブ10度受賞」駒田徳広、「捕球のコツ伝授」動画が目からウロコ!

 NPBにおける2020年のゴールデングラブ賞は、セ・リーグでは、巨人から投手部門で菅野智之が2年ぶり4度目、遊撃手部門で坂本勇人が2年連続4度目に輝き、巨人連覇に導いた選手が順当な評価を受けている。

 ところで、このゴールデングラブ賞の最多受賞に輝いているのは、パ・リーグでは福本豊氏(福岡ブレーブス)の12回なのだが、セ・リーグは10回で、山本浩二氏(広島東洋カープ)、古田敦也氏(ヤクルトスワローズ)、宮本慎也氏(東京ヤクルトスワローズ)、そしてもう1人、駒田徳広氏(横浜ベイスターズ)が並んで受賞している。駒田氏は一塁手部門で、最多受賞となる。

 そんな駒田氏が、名球会が運営する公式YouTubeチャンネル〈日本プロ野球名球会チャンネル〉に出演。名手たる捕球時のコツを、去る12月18日投稿回で伝授している。〈プロ野球【ゴールデングラブ賞】セ・リーグ歴代最多受賞の駒田徳広が語る「守備の極意」<日本プロ野球名球会>〉とタイトルされた同回をさっそく観てみよう。

 スタッフからコツを問われた駒田氏は、「一塁守備の支点はヒジだと思うんですね。ヒジをうまく使って捕ってほしい。手首じゃないんです。バッティングと一緒なんですよ。ヒジと肩の支点を使うと、手首が柔らかく使える」と述べ、さらにはゴロを捕球する際に「両手をそろえないこと」と指摘。仮にイレギュラーでボールが顔に飛んできた時に、両手をそろえていると顔をカバーすることができず、捕る側の手と、送球する側の手は相反する位置で構えたほうが、どちらかの手で顔をカバーしやすくなることから、「恐怖感が薄れるとうまく守れる」ともアドバイスした。

 うまく捕球することだけを考えているのかと思いきや、守備は恐怖との戦いでもあることを教わった。さすが、名手は違うとうなりたくなる目からウロコの話が拝聴できた。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
加藤紀子の横バスト写真が艶すぎ!“蛭子能収も惚れたFカップ”が進化したッ
2
江川卓が「不思議でしょうがない」首を傾げる大谷翔平のプレースタイル疑問点
3
藤原紀香、ドレス胸元から“Fバスト渓谷”魅せ!深さと長さに過去最高の評価
4
前澤友作との交際報道で梅村妃奈子ファンの間で飛び交った“冷ややかな納得”
5
石川佳純のニット姿がキュートすぎ!引き締まったボディの“バスト変化”とは