スポーツ

「ゴールデングラブ10度受賞」駒田徳広、「捕球のコツ伝授」動画が目からウロコ!

 NPBにおける2020年のゴールデングラブ賞は、セ・リーグでは、巨人から投手部門で菅野智之が2年ぶり4度目、遊撃手部門で坂本勇人が2年連続4度目に輝き、巨人連覇に導いた選手が順当な評価を受けている。

 ところで、このゴールデングラブ賞の最多受賞に輝いているのは、パ・リーグでは福本豊氏(福岡ブレーブス)の12回なのだが、セ・リーグは10回で、山本浩二氏(広島東洋カープ)、古田敦也氏(ヤクルトスワローズ)、宮本慎也氏(東京ヤクルトスワローズ)、そしてもう1人、駒田徳広氏(横浜ベイスターズ)が並んで受賞している。駒田氏は一塁手部門で、最多受賞となる。

 そんな駒田氏が、名球会が運営する公式YouTubeチャンネル〈日本プロ野球名球会チャンネル〉に出演。名手たる捕球時のコツを、去る12月18日投稿回で伝授している。〈プロ野球【ゴールデングラブ賞】セ・リーグ歴代最多受賞の駒田徳広が語る「守備の極意」<日本プロ野球名球会>〉とタイトルされた同回をさっそく観てみよう。

 スタッフからコツを問われた駒田氏は、「一塁守備の支点はヒジだと思うんですね。ヒジをうまく使って捕ってほしい。手首じゃないんです。バッティングと一緒なんですよ。ヒジと肩の支点を使うと、手首が柔らかく使える」と述べ、さらにはゴロを捕球する際に「両手をそろえないこと」と指摘。仮にイレギュラーでボールが顔に飛んできた時に、両手をそろえていると顔をカバーすることができず、捕る側の手と、送球する側の手は相反する位置で構えたほうが、どちらかの手で顔をカバーしやすくなることから、「恐怖感が薄れるとうまく守れる」ともアドバイスした。

 うまく捕球することだけを考えているのかと思いきや、守備は恐怖との戦いでもあることを教わった。さすが、名手は違うとうなりたくなる目からウロコの話が拝聴できた。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
稲村亜美、雪中ドラム缶風呂に“タオル1枚”で隠し切れなかった「Eカップ」
2
真木よう子、「青のSP」で噴出「演技力とバスト激揺れは反比例」考察とは?
3
“清純派”高橋ひかる、突如の「三角エリア見え」衣装で指摘された“ウラ事情”
4
あわや放送事故!?高橋ひかる、「20分間スカート奥見え」の“騒然”瞬間とは
5
高岡早紀、肌見せまくり黒ワンピ写真公開も「気になるボディ変化」の指摘が!