芸能

太川陽介、新「バス旅」で冴え渡った独壇場“乗り継ぎテク”

 太川陽介の新たなバス旅「ローカル路線バス対決旅 路線バスで鬼ごっこ!群馬・高崎~伊香保温泉」(テレビ東京系)が1月20日に放送された。太川はすでにテレビ東京で「ローカル路線バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅」と、「ローカル路線バス陣取り対決旅」を持っていて、これは3つめのバス旅になる。「鉄道との対決」、「陣取り」の次は「鬼ごっこ」。どんな旅になるのか注目が集まった。

「自ら『バス旅のプロ』というだけあって、太川のバス利用術と乗り継ぎは達人クラス。並の人では相手になりません。今回、相手チームのリーダーに選ばれたのはEXILEの松本利夫。放送前には彼が相手になるのかファンから心配の声が上がっていましたが、やはり太川の敵ではありませんでした。結果こそいい勝負でしたが、実際は圧勝です」(週刊誌記者)

 道中は太川の独壇場。次の目的地を想定して先にバス路線の聞き込みを行ったり、前もってバスの時刻を調べておいたりと旅慣れたところを見せつけている。

「バスに関しては完ぺき。最近よくやるバスの時間を間違えるミスもありましたが、問題になったのはそれぐらい。最近はさらに相手チームとの駆け引きも覚えました。本当は歩いたのに相手チームにタクシー代を使ったと思わせることに成功。そのために汗を拭き、スタッフにも汗を拭くように命じる念の入れようでした。これが最終的な勝敗を決定づけました」(前出・週刊誌記者)

 他にも公園でだるま探しをすることになると、遊んでいた子供に「おじさんたち(スタッフ)がダルマを隠していたのを見てない?」と聞いて情報を引き出し、あっという間に回収に成功している。

 またバスの営業所で抜け道的なルートをゲットすると、営業所の人に「相手チームが聞いたら答えてもいいけど、積極的に言わないでほしい」とお願いするずるさも発揮した。

「太川は常に相手チームの行動を読みながら自分たちの行動を決定していました。バス旅のプロにこれをやられては勝ち目がありません。松本利夫が相手にならないというより、太川がすごすぎます。松本は完全に引き立て役。『太川の太川による太川のためのバス旅』だったと思います」(前出・週刊誌記者)

 今の日本に太川陽介にかなう相手はいるだろうか。次回の人選に期待したい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
習近平が金正恩に重大警告!北朝鮮「地下核実験」がもらたす「不気味な奇病」と「白頭山大噴火」
2
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
3
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
4
「体の関係だけの女がいても…」サッカー田中碧と交際する鈴木愛理の大胆思考は「アリかナシか」
5
サッカー超辛口批評の闘莉王がシリア戦代表メンバーを「手のひら返しのベタ褒め」大異変