芸能

高橋ジョージ「ロード・第15章」で得た元妻・三船美佳と真逆の“好感触”

 歌手の高橋ジョージが、「THE虎舞竜」の「ロード」“最新章”となる新曲CDを2月14日にリリースすることが話題となっている。

 新曲のタイトルは「ロード~第15章×2 = George Takahashi×May J.」。「水曜日のダウンタウン」(TBS系)内で企画が立ち上がり、公募した曲・歌詞を高橋が厳選するなかデュエットにすることを決定、May J.とともに男女それぞれの思いを交錯させる曲になっている。

「ロード」は「THE虎舞竜」のインディーズ時代にカップリング曲として1992年にリリースされ、有線放送で人気に火がつき翌年に再リリース。200万枚以上を売り上げ、同年の音楽賞を総舐めにした。

「その“第1章”リリース後、高橋が全部で13章あることを明かし、94年に2章、95年に3章…と出し続け、あまり話題に上らなくなった中で2001年にマキシシングルとして8章から13章をイッキ出し。さらに17年には、リリースしたアルバムの中で“14章”を発表し、3年半会えていない愛娘に思いを馳せる詞を歌い上げています」(エンタメ誌ライター)

 そのため15章は以来約3年ぶりの「ロード」となるわけだが、これにネット上では《まだロードやってるのか!》とツッコミの声が上がる一方、《なかなか良い曲に仕上がっているのでは?》《ロードで20年以上食ってる高橋ジョージはすごい》《こうなったら一生ロードを出すべきだろう》と、好意的な声が相次いでいる。

「番組の企画とはいえ、いつまでも『ロード』にこだわる高橋に批判的な声が出るかと思いきや、応援の声が多いのは意外でした。対し、同曲がCDに先行して配信開始された1月28日、『スポーツ報知』のweb版では、元妻の三船美佳がインタビュー取材を受け、再婚相手との間にもうけた次女についてや13年に移り住んだ大阪での最近の暮らしぶりを語る記事が掲載されていましたが、こちらに対しては《元夫のこともあるにまた幸せアピール?》などとするブーイングが圧倒的ですね」(ネットウオッチャー)

 世間はやはり、自身の歌に一途な上に、実の娘となかなか会えないことを訴え続ける高橋の味方のようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・高津臣吾監督が頭を悩ます山田哲人「年俸5億円の大スランプ」と「三塁コンバート」
2
ロッテ・佐々木朗希「日本ハムに3対1の電撃トレード」謎の投稿が激論に!【2024年5月BEST】
3
【不可解】メッツ・藤浪晋太郎バッチリ投げているのに「60日間の負傷者リスト入り」の手切れ金放出
4
アメリカで今も大真面目に議論される「知的生物ヒト型爬虫類」が人間をマインドコントロール説
5
JR「青春18きっぷ」に異常事態!夏の発売が危うい「リミット」は6月20日