芸能

アキラ100%も仰天?あのFバストグラドルが「丸腰デカに挑戦」動画に激賞の声

「丸腰デカ」は、2017年の「R-1グランプリ」で優勝した、お笑い芸人・アキラ100%の代表的な持ちネタである。両足の付け根部分をお盆で隠しただけの“マッパ”姿で刑事のコントを演じると言った内容のアレである。賛否両論あろうが、この「丸腰デカ」は男性がやるから何とも笑いが込み上げてくるのであり、もし女性が演じたらどうなるか…?

 そんな疑問に答える美女を見つけた。バストFカップグラドル・高梨瑞樹がその人で、彼女のYouTubeチャンネル〈高梨瑞樹のみずきっす〉、昨年10月16日に〈芸人さんのネタ完コピベスト5/Comedian`s story complete copy best5〉とタイトルした投稿回がそれである。

 まずは練習と言うことで、上半身白いTシャツ、下半身は上下セパレートタイプ水着の下というような格好で、お盆を両足の付け根部分に当て、横歩きやジャンプを披露。練習の段階からすでに艶やかさ満点なのだが、本番が始まると艶度はさらにエスカレート!

 さすがに上半身マッパ…とはいかず、婦人警官を模した衣装。しかし下半身には何も着用していない様子で、時折ヒップの横部分が見え隠れしたり、高梨があまりにもガニ股おっぴろげて演じたことからモザイク処理が入る激艶な内容となった。

 この、アキラ100%本人も、もしも見ていたらビックリ仰天するであろう、高梨の挑戦動画に、視聴者から〈可愛いのになんという格好を〉や、ハートマーク付きで、〈丸腰刑事が最高でした なかなか際どい感じ〉とのコメント、さらには、〈どんなことも体を張って一生懸命やるみづきちゃんが好きです。〉といった激賞コメントが多数見受けられた。

 演じた後の高梨は、お盆で顔をあおぎ、「めっちゃ暑いです。下半身はいてないのに暑いっていう…」とホオを赤らめながら、「一皮むけた感じします。人として」と達成感に浸っていた。

 今後も高梨には、一皮も二皮もむけた艶やかなる挑戦動画に期待を寄せたい。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」