芸能

陣内智則も「ナルホド」!「エンタの神様」総合演出Pが明かした高視聴率理論!

 お笑いタレント・陣内智則のYouTubeチャンネル〈陣内智則のネタジン〉で、興味深いランキングが発表された。1990年から2020年の過去30年間に放送されたバラエティー番組の1クール(3カ月間)の平均視聴率ランキングだ。

 現在も放送中の人気番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)でさえ20.48%で26位という激戦ぶりで、第3位は25.69%で「進ぬ!電波少年」(日テレ系)、第2位は27.23%で「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)、栄えある第1位は、28.18%の「マジカル頭脳パワー!」(日テレ系)だった。

 この「マジカルー」や、お笑いネタ番組「エンタの神様」(日テレ系)の総合演出やプロデュースを務めた五味一男氏が、同チャンネルの1月20日に〈エンタの神様 総合演出 五味一男登場!テレビ界の超大物と陣内がガチトーク!〉と題した投稿回に出演。高視聴率を引き出す「五味理論」を明かした。

「エンタの神様」はテロップを多用し、芸人からもクレームが入るほど賛否両論巻き起こった。が、この「賛否両論」について、五味氏は「イマイチな味の飲食店」を例に挙げた。

 味がマズければ99.99%の人は黙って2度と行かなくなるが、5000から1万人に1人くらいの割合でクレームをつけたり、SNSに賛否を書き込むと分析。このように、声に出して表現する人を〈ノイジーマイノリティー〉、黙っている人を〈サイレントマジョリティー〉と呼び、テレビ番組に置き換えた場合、「5000から1万人に1人の声を聞いちゃダメ」と解説。おもしろければ黙って観てくれる〈サイレントマジョリティー〉を意識した結果であると、五味氏は明かした。つまり、批判は多くても、テロップはサイレントマジョリティーの視聴動向が反映される視聴率に有効だったということだろう。

〈サイレントマジョリティー〉に耳を傾けることはどんなビジネスにも通用する道だと説く五味氏。陣内も「ナルホド!」と唸る興味深い回となった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
3
関口宏をガン無視!浜口京子が「サンデーモーニング」をブチ壊した「あっぱれ!」絶叫連呼
4
プーチン「暗殺」覚悟のイラン訪問で待ち受けるロシア「勝利宣言」悪夢の結末
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫