スポーツ

イチローに「200本打つヤツいるんだ」と唸った!1994年NPBを高木豊が動画回顧

 日本プロ野球界において、1994年は思い出深い年だった。その年の5月18日、福岡ドームで行われた対広島カープ戦において、巨人の槙原寛己氏が史上15人目となる完全試合を達成、以後、達成者は現れていない。10月8日には、巨人と中日ドラゴンズが同率首位で迎えた最終戦「10.8決戦」が行われ、視聴率は48.8%を記録する「国民的行事」となった。

 さて、この年は、長年、横浜に籍を置いていた元プロ野球選手の高木豊氏が、パ・リーグの日本ハムファイターズに移籍した年でもあり、イチロー氏の偉業を目にしている。その偉業とは…?

 高木氏のYouTubeチャンネル〈高木豊のセカンドチャンネル〉、1月15日に〈【初めて明かす高木豊引退の秘話】野村監督から○○があった!!イチローが偉業を達成したこの年を振り返る!!〉とタイトルした投稿回を観てみるよう。

 この94年は、イチロー氏がシーズン210安打しており、当時130試合にも関わらず、初の200本越え、2015年に西武の秋山翔吾(現・シンシナティ・レッズ)に216本で破られるまで、日本人最高安打記録を保持していたのだ。

 これを振り返り、シーズン終了時に打率3割を8度経験している高木氏ですら、91年に記録した163安打が自身最高の安打数だったことから、「200本打つヤツいるんだと初めて気づかされた」と唸っていた。

 この年を限りに引退した高木氏。実は引退発表後に、当時ヤクルトの監督を務めていた故・野村克也氏から「まだやる気ないのか?」と誘われたといった意外なエピソードも明かされている。引退発表前なら「野村さんとやってみたかった」と高木氏は口にしており、野球ファンにはたまらない94年を振り返る思い出深い回となった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆弾投下で朝ドラ降板も!浜辺美波を襲う「男スキャンダル」大暴露予告の心身異変
2
水着写真で判明!藤田ニコル「おマタの膨らみ」に向けられた「アノ疑惑」に出た結論
3
本田望結が“オトナ”を意識し始めた?海辺の強調ボディ「ビックリ成長具合」
4
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論
5
稲村亜美、ゴルフ対決で本気を出した豪快“黒パン”見せと“みっちり”縦スジ