芸能

谷あさこ「大食いフリーアナウンサー」と呼ばれるその食べっぷり

●ゲスト:谷あさこ(たに・あさこ) 1993年、神奈川県生まれ。法政大学卒業。大学在籍時からフリーアナウンサーとして活動。17年、「週刊プレイボーイ」で初グラビアに挑戦。その後、「有吉ゼミ」(日本テレビ系)などのバラエティー番組にも出演。YouTubeチャンネル「谷あさこ -TANI ASAKO-」でも特技の大食い企画にチャレンジ。現在は「美BODYサロン」(BSフジ)、「ウワサのお客様」(フジテレビ系)、「テイバン・タイムズ」(BS朝日)にレギュラー出演中。ファースト写真集「Cherie」(ビーエスフジ)発売中。

「大食いフリーアナウンサー」として、たくましい食欲を見せつけている谷あさこ。しかし、その一方で美ボディをキープ、グラビアアイドルとしても活躍中だ。なぜ、そんなことが可能なのか、その秘密に天才テリーも興味津々。思わぬ下ネタも飛び出し、トークも満腹状態に?

テリー 谷さんは「大食いフリーアナウンサー」って呼ばれてるんだね。プロフィールを見ると、寿司98皿、うどん16玉、肉3.8キロって、すごいな!

 そうなんです。早食いはできないんですけど、時間があれば、ずっと食べていられるんですよ

テリー 肉なんてステーキ屋さんで300グラムを頼んでもけっこうな量なのに、4キロって。

 もう、かなり大きな塊ですよね。

テリー そうだよなぁ。あと、こっちの資料にはピザ7キロって書いてあるよ。

 はい、食べました。その時はピザーラの全メニュー制覇という企画で、Mサイズを12枚。ロケが12時間だったから、1時間1枚のペースですけど

テリー いや、それにしたって飽きるじゃない。

 でも全メニューって、48種類ぐらいあるんですよ。なので、私が12種類食べて、他のみんなで全48種類制覇みたいな感じでしたね。

テリー もうひとつ、カツ丼5.2キロっていうのも書いてあるけど。カツ丼って普通は1杯2杯だからさ。キロで言われても全然ピンとこないよ(笑)。

 アハハ、変ですよね。私、カツ丼が大好きで、カツ丼なら永遠に食べれると思ってたんですよ。そしたら自分でカツ丼をつくって食べるというロケがあって。それで、4合ぐらいのご飯の上に何枚もカツを乗せたカツ丼をつくって食べたんです

テリー そもそも何で大食いになっちゃったの?

 たくさん食べるようになったのは、大学生になってからですね。

テリー 大学はどこ?

 法政大学です。

テリー あらら、頭いいんだなぁ。

 いえいえ、私は付属高校なので、大学までエスカレーターだったんですよ。ちょっと勉強したら、みんな大抵行けますよ。

テリー いや、そんなことないと思うけどさ。でも、大学生になると何で大食いになっちゃうの? 急にお腹すいたの?

 いえ。私、高校生の時にすごくダイエットしてて。少しでもカロリーを摂ったら太ると思ってたので、ガムとかお水のカロリーを見るぐらい、ストイックにやってたんですよ。

テリー 水にカロリーなんてあるわけないじゃん。

 でも、気になって見ちゃってたんですよ。お茶でもちょっと甘いのがあるじゃないですか。そしたらカロリー入ってるのかなって。

テリー まぁ、そのぐらい真剣にやってたわけだ。

 そうなんです。でも大学に入ったら、みんなで学食に行く機会が増えて。その時に「私、ダイエット中だからムリ」とか言って、1人だけ食べないのも変じゃないですか。それで食べてたら、意外と太らないなって

テリー 気づいたんだ。

 しかもハンバーガーとか、カロリーの高いものが、めっちゃおいしいことに気づいたんですよ。そこから我慢するのやめて、好きなものを全部食べようと。で、気づいたら、たくさん食べるようになってました。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”
5
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合