芸能

土屋太鳳が告発する「性ハラ大王」の“仰天余罪”ってなんなん?

 目下、テレビ業界で注目されているのが、千鳥・ノブ(41)の“性ハラ”芸。去る2月2日放送の「華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!」(フジテレビ系)では、ゲストの土屋太鳳(26)が、「性ハラ被害」を告発。その一部始終に関係者も納得の表情だったとか。番組では、再現VTRで“性ハラ”の模様を紹介。テレビウォッチャーによれば、

「あるバラエティー番組の収録中に、MCの芸人Nから『太鳳ちゃんってお風呂入る時どこから洗う?』『太鳳ちゃんって、今彼氏いるの?』など、デリカシーに欠ける質問を繰り出されて困り果てたというエピソードでした。最終的に、その“性ハラ”の主が、ノブだったことがネタバラしされるのですが、別の番組では、ノブの紳士ぶりに土屋が胸キュンとなったと紹介。別の番組で共演タレントから下ネタの質問が出るとノブが制止した顛末に『ノブはいい人』というオチで再現VTRは終わっていました」

 ところが、である。VTRを見た土屋は「凄く、だいぶ脚本を作ってくださって」と、「いい人キャラ」のノブに不満の様子。本当は笑えない「性ハラ大王」ぶりが露呈してしまったのだ。

 実は、ノブの番組での“性ハラぶり”は、テレビ関係者の間でも以前から話題になっていたのだ。

「千鳥は今は冠番組もあるし、コンビのレギュラー番組を10本以上抱える売れっ子ぶり」と、前置きして解説する芸能ライターの竹光光氏によれば、とかく、無頼キャラの大悟ばかりがクローズアップされている陰に隠れてノブの“性ハラ”キャラが「放置されているんです(笑)」とのことだ。さらにこう続ける。

「岡山訛り丸出しの『嘆きツッコミ』のせいか、小者感漂うキャラクターは変わらない。失言一つにしても『すみません』の一言と、相方の大悟からのツッコミで笑いに変えてしまう。ナイナイの岡村隆史なら炎上騒ぎになるような発言すら許されてしまうんですから」

 しかも被害者は大物ばかりというから驚きである。2月9日発売の「週刊アサヒ芸能2月18日特大号」では、独特の岡山訛りと当意即妙なツッコミで、今やCMやバラエティーに引っ張りだこの千鳥・ノブの好感度を脅かす「性ハラ大王」っぷりと、その被害者の大物女優たちについて詳報している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明
2
テレ朝・斎藤ちはるは“ギャップ”が凄い/女子アナ「艶金メダル争い」中継(終)
3
「ハコヅメ」戸田&永野に負けない魅力!西野七瀬の下半身に視聴者熱狂のワケ
4
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
5
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!