政治

宮崎謙介〈政界“魑魅魍魎”ウォッチ〉「『税金で帝国ホテル122泊』暴露の意義」

 元衆院議員の宮崎謙介氏が足掛け5年の議員生活の経験をもとに、政治家ウオッチングやオフレコ話、政治にまつわる話を適度な塩梅で、わかりやすく「濃口政治評論家」として直言!

 ぐっちゃぐっちゃですね。森喜朗会長の引責、菅総理の御子息の違法接待疑惑。小池百合子劇場でもまだまだ波紋が広がりそうですし。

 そんな中、丸山穂高議員が、Twitterに物議を醸す投稿を。

〈帝国ホテルのサービスアパートメントに、国会議員文通費で長期滞在します。給与とは別に毎月100万円フリーハンドな議員特権「文通費は」、正式名称「文書通信交通滞在費」〉

 帝国ホテルに122泊して150万円だとか。あえてこの時期に、またもや丸山議員。

 文書通信交通滞在費は、国民的には不愉快なものかと想像します。さらに、領収書が必要ないなんてナンセンス。そりゃあ「税金ドロボー、給料戻せ!」と騒ぎたくなりますよ。

 僕が議員時代は、党、派閥、県連にそれぞれ5万円くらいを払って、手取りで50万円強だったでしょうか。あとは日頃の交際費などもかかりますので、国会議員ってわりとジリ貧。杉村太蔵さんの「BMW乗り回し」なんて、夢の夢だと思いました。

 でもね、やっぱり文通費があることで、僕もどれだけ助かったことか。丸山議員は「毎月もらう文通費は使い切れず、資金管理団体に収めている」ようなことを吐露していましたが、僕は使い切っていました。

 歳費や文通費の使われ方よりもっと重大なことがあるだろう、というご時世ではありますが、僕としては、丸山議員があえて「国会議員の既得権に対する問題提起」をしていることを、とても評価したい。

 国会議員の問題は議員丸ごとで考えてはならず、いろんな背景、功績、その事情を拾い上げないと。細かくチェックして、ダメな人は排除。志は高くなくとも、能力が高い人を選んでいく時代が到来する予感がします。

 議員時代に、熱意オンリーだけど大丈夫か、という方々がおりましたし、「何をやってるの、この人?」という議員もいました

 今回の森さんの発言で、野党の女性議員が白い服を着用して国会に登場し、抗議意思を示していましたけど、僕はああいうパフォーマンスはだらしないと思う。#MeToo(ミートゥー)問題の時もそう。同じように黒服で抗議しましたけど、つまりは黒い服を着用しただけ。それ以降、具体的な法案を通したのかな。個人的にでも行動を起こしたのかな。打ち上げ花火的なパフォーマンスがあってもかまいませんが、本物の改革を進めていって下さいよ。

 こうなったら「国会議員をぶっ壊す!」っていうまとめ役が出てこないかなあ。議員の人事部分だけ切り離して民営化してもいいですけどねぇ、という小泉純一郎的な。

 とどのつまり、それが選挙なんです。議員の人事を司っているのはすなわち、有権者。だからこそ、選挙へ行きましょう‥‥ということはずーっと問われていることなのですが。

 丸山議員は海千山千が定着し、自分でもヒールな存在と開き直っています。今後も案外、古き政治の悪習に一石を投じていく存在になるのかも。

 今年は衆院議員選挙の年です。次こそ、次こそ。優秀で誠実な議員たちを増やすために、選挙へ行きましょう。

宮崎謙介(みやざき・けんすけ):1981年生まれ、東京出身。早稲田大学を卒業後、日本生命などを経て、12年に衆議院議員に。16年に辞職し、経営コンサルタントや「サンデー・ジャポン」(TBS系)などに出演。「バラいろダンディ」(TOKYO MX)ではレギュラーMCを務める。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
5
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ