エンタメ

あのモンスター視聴率ドラマ「伝説の最終回」(5)スクール☆ウォーズ・松村雄基

20131107r

 山下真司扮する「泣き虫先生」が、高校の弱小ラグビー部を全国制覇させるまでの道のりを描いた「スクール☆ウォーズ」(84~85年、TBS系)。元不良の部員「大木大助」役の松村雄基(50)が、いろいろな意味でハードだった撮影の日々を振り返った。

「『スクール──』の最終回で思い出すのは、最終回の冒頭で使われたシーン。これはドラマそのものの最初のロケで撮影されたシーンだったということですね」

 みごと「川浜高校ラグビー部」が全国制覇を果たす試合が始まる直前、すでに同校を卒業しコーチとなっていた大木(松村)ら「ラグビー部」の関係者たちが、競技場の観客席で再会し声を掛け合う──。そんなシーンだが、これはドラマの最初のロケで撮影したものだった。ドラマ初回の冒頭でもこのシーンを流し、そこから回想して、物語が展開するという構成だったためだ。

「原作も読まずに最初に撮ったシーンだったので、最終回の撮影時にこのシーンの前後を撮る時は戸惑いましたよ。衣装ももちろん、体型も維持したり髪形を合わせるなど大変でした(笑)。今みたいにビデオではなくフィルム撮影ですから、スチール写真を見ながら前に撮ったものと整合性がつくように撮るので大変でした」

「川浜界隈一のワル」として、恐れられながらも入部し、ラグビー部が躍進する立て役者となる。そんな役柄だった松村は当時21歳だったが、周囲の反響はどうだったのか。

「当時は電車で撮影現場に通っていましたが、髪型をツッパリ風ではなく普通に下ろしていると、全然僕とわからなかったみたいで、後ろで女子高生が『あの場面で大木は泣きすぎだよねぇ』などと話をしていて苦笑してました」

 大映テレビが制作していたこのドラマでは、台本は絶対だった。

「『一字一句、それこそ誤字まで正確に覚えろ!』という感じでしたから、〈泣く〉と書かれていたら、泣くしかなかったんですよ」

 撮影に忙殺され、実際の放送を見ることもほとんどできなかったというが、話題になっていることは手に取るようにわかったという。それでも、冬場の撮影はかなり応えたようだ。

「どんなに寒い冬の撮影でも、『ラグビー部っぽく見えないから常に短パン』って決められていて。大木大助の髪型はディップで上げていたんですが、グラウンドで髪型を直そうとしたら半分凍ってジャリジャリになっていた。汗をかいているように見せるために霧吹きで全身に水を吹きかけていたんですが、それも凍ってしまって、霧吹きの霧も出なくなりました」

 ドラマのもととなったのは、当時ラグビーでは無名だった京都市立伏見工業高校を、元日本代表の同校監督・山口良治氏が立て直し全国制覇させた軌跡を描いたノンフィクション。

 しかし、ドラマではグラウンドや廊下をバイクが走り回るシーンや窓を叩き割るシーンもあり、放送直後から学校関係者や保護者から、「伏見工業はこんなに荒廃していない」といったクレームも少なくなかった。

「スタッフがそうした声に『校内暴力が社会現象化している今、それをなくそうという意図で、ラグビーを通してみごと立ち直った伏見工業をモデルにしている』と説明を繰り返しました。で、実際に放送の回が進むと、『感動した』『自分の学校に誇りが持てた』とか、劇中に出てくるラグビー部のOBからも、『あの頃を思い出す。ありがとう』など全て激励の言葉に変化してうれしかったですね。僕ももう50ですが、僕の中では20代のあの頃と何も変わっていない。まだまだバリバリやれる年齢ですよ」

 11月6日にCD「武雄傳」をリリース。目下、音楽活動にも力を入れている松村の、「スクール──」など、若き日にドラマで培ったパワーは、さまざまな形で発揮され続けている。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
胸の先がこぼれそう!マギー、「水着が下すぎバスト」に熱視線
2
「次のパトロン探しか?」板野友美が艶カット披露で揶揄される“焦り”心中
3
吉高由里子、「本番しなくていい?」迫った!/女優「初脱ぎ・初ベッド」秘話(1)
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
今井華のキスシーンに疑惑浮上!やっぱりテラスハウスはヤラセハウスだった!?