芸能

テレビから消えた“あの女子アナ”を追え<NHK>青山祐子は長い産休で一度も復帰せず退局

 卓越したアナウンス技術と気品あふれる容姿。それがNHKの女子アナに求められる要素だ。ただ、時には枠をはみ出すことも‥‥。

 抜群のプロポーションと親しみやすい語り口で、スポーツ番組を中心に活躍した青山祐子(48)。いつの間にか画面から消え、退局の報告もないままに長い年月が過ぎている。

「青山は東日本大震災と同じ11年3月に結婚式の予定だったが、配慮して5月に延期。その後、第1子を授かった12年から産休の形を取りました」(放送記者)

 以降も合わせて4人の子供を出産。退局する19年まで一度も復帰することはなかった。一部で長い産休へのバッシング報道があったため、青山は一切のメディア露出を断っている。

 クボジュンの愛称で人気だった久保純子(49)は、MLBのニュースで、ホワイトソックスを「ホワイトセック‥‥」と読んでしまったことが語り草。20世紀最後の年も紅白の司会を務める看板アナだったが、00年に結婚(02年に出産)して以降、テレビの第一線を離れ、今は時折、ラジオなどに顔を出す程度だ。

 史上最年少で「夜7時のニュース」を担当したのは畑恵(59)だった。どこか銀座のチーママっぽい顔立ちもオヤジたちの人気を集めた。

 NHKを辞めて95年の参院選に出馬すると、みごと初当選。ほどなく、同じ新進党所属だった船田元衆議院議員との不倫関係が「政界失楽園」と呼ばれる一大スキャンダルに。

「船田議員は関係を否定したものの、99年5月、連れ添った糟糠の妻を捨てた2カ月後に畑恵と再婚。やっぱり不倫だったのか、と永田町を盛り上げてくれたね」(政治部記者)

 畑恵は現在、夫の本丸であり江川卓を生んだ名門・作新学院の理事長を引き継いでいる。

 イチローの義姉である福島敦子(59)の場合も、やはり不倫が大きなウエートを占めることになった。

「もともとCBCのアナだった福島は、一念発起して88年にNHKの契約アナに。ところが、その翌年には番組ディレクターと、92年にも番組スタッフとの不倫が発覚し、NHKをフェードアウト。93年の結婚と同時に、フリーに転向しました」(前出・放送記者)

 宮崎緑(63)は、日本における女性ニュースキャスターの草分けとして知られる。ただ、阪神・淡路大震災の取材に毛皮のコートを着て行ったことなどでバッシングされ、マスコミに失望して退局。退局後は学界の道に。

 そんな宮崎を再び「対マスコミ」に駆り立てたのが、16年の週刊文春報道である。88年の「東京工業大学講師」を経歴詐称ではないかと報じたのだ。これに宮崎は猛反論し、疑念を晴らしたのが週刊新潮の記事というオチがつく。

 ちなみに宮崎は「令和」の新元号を決める有識者委員の一員でもあった。

 意外にグラマラスなボディを隠し持っていた島津有理子(47)は、結婚や出産を経て18年に退局。それと同時に、子育てと並行して「医師を目指して大学で勉強します」と発表。まだ長い道のりであろうが、その決断には拍手を送りたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
大政絢&ワンオクToruの結婚で「弘中綾香アナとの破局理由」が再注目されたワケ
4
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
5
村上宗隆もヒヤリ!ヤクルト歓喜のビールかけで田口麗斗が絶叫した「禁断のセリフ」