芸能

テレビから消えた“あの女子アナ”を追え<NHK>青山祐子は長い産休で一度も復帰せず退局

 卓越したアナウンス技術と気品あふれる容姿。それがNHKの女子アナに求められる要素だ。ただ、時には枠をはみ出すことも‥‥。

 抜群のプロポーションと親しみやすい語り口で、スポーツ番組を中心に活躍した青山祐子(48)。いつの間にか画面から消え、退局の報告もないままに長い年月が過ぎている。

「青山は東日本大震災と同じ11年3月に結婚式の予定だったが、配慮して5月に延期。その後、第1子を授かった12年から産休の形を取りました」(放送記者)

 以降も合わせて4人の子供を出産。退局する19年まで一度も復帰することはなかった。一部で長い産休へのバッシング報道があったため、青山は一切のメディア露出を断っている。

 クボジュンの愛称で人気だった久保純子(49)は、MLBのニュースで、ホワイトソックスを「ホワイトセック‥‥」と読んでしまったことが語り草。20世紀最後の年も紅白の司会を務める看板アナだったが、00年に結婚(02年に出産)して以降、テレビの第一線を離れ、今は時折、ラジオなどに顔を出す程度だ。

 史上最年少で「夜7時のニュース」を担当したのは畑恵(59)だった。どこか銀座のチーママっぽい顔立ちもオヤジたちの人気を集めた。

 NHKを辞めて95年の参院選に出馬すると、みごと初当選。ほどなく、同じ新進党所属だった船田元衆議院議員との不倫関係が「政界失楽園」と呼ばれる一大スキャンダルに。

「船田議員は関係を否定したものの、99年5月、連れ添った糟糠の妻を捨てた2カ月後に畑恵と再婚。やっぱり不倫だったのか、と永田町を盛り上げてくれたね」(政治部記者)

 畑恵は現在、夫の本丸であり江川卓を生んだ名門・作新学院の理事長を引き継いでいる。

 イチローの義姉である福島敦子(59)の場合も、やはり不倫が大きなウエートを占めることになった。

「もともとCBCのアナだった福島は、一念発起して88年にNHKの契約アナに。ところが、その翌年には番組ディレクターと、92年にも番組スタッフとの不倫が発覚し、NHKをフェードアウト。93年の結婚と同時に、フリーに転向しました」(前出・放送記者)

 宮崎緑(63)は、日本における女性ニュースキャスターの草分けとして知られる。ただ、阪神・淡路大震災の取材に毛皮のコートを着て行ったことなどでバッシングされ、マスコミに失望して退局。退局後は学界の道に。

 そんな宮崎を再び「対マスコミ」に駆り立てたのが、16年の週刊文春報道である。88年の「東京工業大学講師」を経歴詐称ではないかと報じたのだ。これに宮崎は猛反論し、疑念を晴らしたのが週刊新潮の記事というオチがつく。

 ちなみに宮崎は「令和」の新元号を決める有識者委員の一員でもあった。

 意外にグラマラスなボディを隠し持っていた島津有理子(47)は、結婚や出産を経て18年に退局。それと同時に、子育てと並行して「医師を目指して大学で勉強します」と発表。まだ長い道のりであろうが、その決断には拍手を送りたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
2
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明
3
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
4
テレ朝・斎藤ちはるは“ギャップ”が凄い/女子アナ「艶金メダル争い」中継(終)
5
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”