芸能

みのもんた「報道番組降板」で思い出す宮根誠司のオンナ醜聞

「(窃盗容疑で逮捕された)次男はもう別人格だから」といった調子で「みのもんたの朝ズバッ!」(TBS系)からの降板には二の足を踏んでいたみのもんた(69)が、11月26日に会見を開き「朝ズバッ!」など全報道番組からの降板を発表した。しかし、「関西版みの」とも評される人気司会者の宮根誠司(50)の場合は「本人の醜聞」だったにもかかわらず、見事にかわしきっているが……。

 みのの次男逮捕が報じられた直後、ビートたけしが東京スポーツ紙上で、〈みのの身を案じたら妻に「フライデー襲撃事件で逮捕されたあなたが言うな」とたしなめられた〉という「ネタ的」エピソードを披露していたものだが、確かにみのの次男逮捕は、さまざまな波紋を呼んだ。スポーツ紙記者が言う。

「結局、入社試験が超高倍率の日本テレビに勤務していた次男は、どうみてもみのさんによるコネ入社としか思えないから、親と別人格ではない、ということと、みのさんが今後、たとえば『女優の息子が違法薬物で逮捕』なんていうニュースの際に、親の育て方の問題にコメントがしづらいということで降板したんでしょう。しかし、これらの点で言えば、『情報ライブミヤネ屋』(日本テレビ系)や『Mrサンデー』(フジテレビ系)などで司会を務める宮根さんの場合は、逮捕されるような案件ではないですが、本人のオンナ醜聞なのに、よく何事もなくキャスターを続けていられるな、と思ってしまいますね」

 ちなみに宮根の「醜聞」とは、隠し子騒動で、発覚したのは昨年の初め。一度目の結婚・離婚を経て独身だった宮根が大阪・北新地のホステスと、現在の夫人と結婚した後も交際を継続。ホステスが宮根との子を妊娠、出産してたことが女性誌にスッパ抜かれた。

「宮根は番組内で謝罪しましたが、その後、それほど彼に非難が集まらなかったのは、最初の女性誌の記事が『宮根の独占告白』という形で、宮根の言い分を全面的に掲載したことと、そこには『芸能界の大物』の力も働いたというのが業界内の定説です。もし宮根にそうした後ろ盾がなかったら、芸能人の隠し子騒動などが起きれば真っ先に取り上げる情報番組の司会者を続けられていられたかどうか……」 

 やはりタレントが持つべきものは「強力なバック」なのかもしれない。それにしても、今後有名人の隠し子騒動が起きた際にはどう論じるのか気になり、宮根の番組にチャンネルを合わせてしまうのは必至だ。これこそ、まさに宮根の思うツボか!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
2
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
3
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
4
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
5
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!