芸能

美女アナたちの仁義なき「朝一番」サバイバル(3)日テレ・岩田絵里奈の武器は「隠れ豊満バスト」

 水卜アナが抜ける「スッキリ」の後継者は岩田絵里奈アナ(25)となる。雰囲気や親しみやすさから、局内では「ポスト水卜」と称され、進行のうまさに定評がある次期エース候補だ。

 他局の並みいる強敵に対抗する戦略について、女子アナ評論家の丸山大次郎氏が秘策を伝授する。

「岩田アナは愛されキャラですから、お茶の間の人気を得る作戦がベストでしょう。メイン視聴者の主婦層をそれで押さえる。その上で、隠れ巨乳と言われている武器を使わない手はない。衣装の露出を少しずつ増やしていけば、リタイアした中高年男性、さらにはリモートで始業時間までテレビが見られる現役世代の男性からも支持を得られる可能性があります」

 岩田アナの巨乳春ニット姿を目に焼き付けて、スッキリしたいところだ。

 ところで、NHKも他局のテコ入れ策には黙っていなかった。

 近江友里恵アナ(32)が3月末で退社するのに伴い、3月5日をもって「あさイチ」を卒業。4月からは、2年間の育休明けとなる鈴木奈穂子アナ(39)が3代目MCを務める。

「報道の色が強い鈴木アナに転換したことで、かえって化学変化を起こすことに期待したい。初代の有働由美子(51)が喘ぎながら膣トレなどをした『女性の悩み』を体験レポートしたら話題を呼ぶでしょう。生真面目そうな鈴木アナにそれをやれる度胸があれば、民放をはるかに超える注目を浴びるでしょう」(丸山氏)

 最後に唯一、朝の顔を入れ替えなかったのが、視聴率王者「モーニングショー」を有するテレビ朝日だ。

 アシスタント・斎藤ちはるアナ(24)の人気が急上昇中で、代役はあり得ないほど。テレ朝関係者が打ち明ける。

「テレビで自分をよく見せようとするのではなく、素直なコメントをしてくれます。乃木坂46の1期生として活躍した元アイドルですが、番組内で刺身を食卓に出す際の方法について議論となって『私はたぶん、パックのまま出しちゃう』と照れ笑い。飾らない姿が視聴者の共感を呼びました」

 丸山氏が、「グッド!モーニング」の総合司会を務める新井恵理那(31)から斎藤へとつなぐ、リレーの盤石さを熱弁する。

「2人とも清楚ながらエロスを感じさせるキャラクターなんですよ。タイトなニット衣装の際には美巨乳が話題になることが多い。そうしたチラリズム演出を多用すれば、ライバル番組にさらなる差をつけ、独走状態を維持できるでしょう」

 出揃った看板アナたち。果たして、視聴率で「朝一番」に躍り出る美女は‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」