社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<汗疱>水虫と間違えやすい手足のブツブツの正体

 春先になると手のひらの皮が剥けたり、足の裏に細かい水泡ができる人がいる。この症状は皮膚疾患の汗疱(かんぽう)かもしれない。

 この病気は、汗が皮膚の中で詰まってしまうことで発症する。大量に汗をかいたり、温度差で急に汗が引いたりすると、皮膚の表面にうまく出られずに中にたまってしまうからだ。

「汗疱」は指、手のひらや足の土踏まずにまで拡大していく場合もある。かゆみを生じる人もいるが、痛みもかゆみもまったくない人も少なくない。「水虫」と間違えやすいが、「汗疱」は、小さな水疱が皮膚の奥から発生し、皮がめくれ、日焼けの痕のように薄皮が剥けていく。

 この病気は原因不明のため、根治は難しい。皮膚科を受診しても、ステロイドの塗り薬などでかゆみをコントロールするくらいしかない。自然に症状が落ち着いてくることを待つよりほかないのだ。

 もし、手や足裏にできた水泡が、膿を持ったように白く濁っていたら掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の可能性が高い。

 小さな膿を伴う水ぶくれ(膿疱)が発症し、しばらくすると茶色っぽいかさぶたになり、皮と一緒に破れ落ちる。繰り返し発症し、発疹の周辺には赤みを帯びてくるのが特徴だ。こちらも原因は不明だが、関節炎を併発することもあり、特に喫煙者に多く見られる。

 他に手のひらが剥ける皮膚疾患で多いのが「接触性皮膚炎」。カバン、ゴルフクラブ、車のハンドルなど、手のひらに強く触れるものにかぶれ、皮が剥けることがある。この場合はかゆみを伴うことが多い。

 いずれも注意してほしいのは、手のひらの皮が剥けても決してむしってはいけない。尿素のハンドクリームなどで皮膚を柔軟に保ち、洗剤などの外的刺激を避けることがポイントだ。特に季節の変わり目に多く発症するので、気になる場合は皮膚科を受診しよう。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
3
またまたファンが「引き渡し拒否」大谷翔平の日本人最多本塁打「記念球」の取り扱い方法
4
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
5
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言