芸能

飯島愛さんの遅刻癖を叱責!?イジリー岡田があの「ギルガメ」裏事情を動画回顧

 1991年10月から98年3月まで放送された艶っぽさがウリのバラエティ番組「ギルガメッシュないと」(テレビ東京系)。モノマネタレント・岩本恭生とともにMCに起用されたグラドルの細川ふみえや、元人気艶系女優から人気タレントに転身を果たした故・飯島愛さんなどの出世作といっても過言ではない番組だった。

 そんな人気番組にレギュラー出演していた、お笑いタレントのイジリー岡田が、みずからのYouTubeチャンネル〈イジリーチャンネル〉で、飯島さんとの思い出を懐かしむ内容を投稿した。

 3月14日付けで〈ホントに素晴らしい仲間だった飯島愛さんとの思い出を語る〉とタイトルをつけた投稿回だ。

「芸能界で初めて挨拶したのがイジリー岡田って言うのが私の汚点」と、飯島さんが生前口にしていたと、まずは笑いのジャブを打った岡田。しかし、飯島さんには遅刻癖があったようで、チームワークの良かった「ギルガメ」出演陣の空気が悪くなったことがあると振り返った。

 そんなある日、飯島さんとイベントで一緒になり、新幹線移動の際に「ここで言わなくちゃ」と思ったという岡田。“チーム”の雰囲気悪化に触れて、「もし今度遅刻したら番組上は話すけど、番組の収録前とかいっさい口きかなくなると思うから言っとくね」と、飯島さんに説教したのだとか。

 しかし、それ以来、飯島さんの遅刻はなくなり、岡田いわく、「私、芸能界で叱られたの、イジリーちゃんと紳助さんだけ」と飯島さんは口にしていたそうだ。

 岡田の一言で芸能界での生き方を飯島さんが学んだとは意外な興味深い話が聞けた。もっとも「それが汚点…」なんて飯島さんの声が空から聞こえてきそうだが。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
片瀬那奈 事務所退所で引退危機も「1億円」であの業界からオファー?
2
上白石萌音、広瀬すずの美バストがくっきり!2021年の“アクシデント”ショット大賞が決定
3
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
4
岡副麻希、視聴者騒然!シートベルトがガッツリ食い込んだ“Cバスト”のド強調
5
加藤綾子 入籍から半年経過も「別居婚継続」の真相