芸能

ドン小西に「もはや化石!」の声まで!毒舌キャラが今や“性ハラ扱い”一蹴の対象…

 ファッションデザイナーでタレントのドン小西が3月19日、「とくダネ!」(フジテレビ系)に出演。かつて番組内で人気コーナーだった「おしゃれ泥棒」の1日復帰企画で「ファッションチェック」をした。

 小西は出演した神田うのの全身真っ白なコーディネートを見ると「年取ってくると厚かましくなるね」と苦笑いしながらも星5つ中4つをつけ「これからの成長。これがピークっていったら下るだけ」と、かつての毒舌ぶりを披露し、周囲を沸かせた。

 視聴者からは「ドン小西、的確でおもしろい」という声が上がったが、一方で相変わらずの毒舌が、「ハラスメントすぎて引くし気持ち悪い。他の共演者もテレビだから笑ってるけど、カズレーザーだけ終始真顔で見てるのが笑えた」「ドン小西の発言って、時代錯誤すぎてもはや化石だろ」「ドン小西のファッションチェック、過去の映像も今だったら許されないレベル」などと、一部ネット民をドン引きさせていた。

 さらに小西は、出演者のモデルでタレントの“めるる”こと生見愛瑠に対し「昔だったら綺麗な髪だね? なんて言って髪触ったり、ジャケットの襟元直しながらちょっと胸触ったりしたんだけど、今はアクリル板があってよかったよ」などと発言。こちらも視聴者から「寒すぎる」とブーイングが上がっている。

 同コーナーは127回の放送を数え、2002年に惜しまれつつも終了。当時はドン小西の性ハラともとれる発言は問題視されることはなかったが、令和になった現在では、さすがに通用しにくいキャラとなってしまったようだ。

(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
3
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
4
戸田恵梨香のドラマ降板報道を吹き飛ばす「片バストがモロ見え」驚き映像
5
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”