エンタメ

アサ芸世代1000人アンケート 後世に遺したい「テレビ時代劇」(3)必殺仕事人 京本政樹 撮影直前に変更された「必殺技」

「必殺仕事人Ⅴ」や「大江戸捜査網」など、痛快娯楽時代劇に数多く出演する京本政樹(52)だが、デビュー当初は時代劇は好きではなかったという。デビューから「必殺」に出演するまでの7年間、いろいろな人にシゴかれるうちに、時代劇のおもしろさに目覚めた。

「立ち回りやセリフ回し、武士と町人の眉の描き方の違いなど、時代劇の所作を教えてくださったのが、大川橋蔵さん。僕の師匠です。
『銭形平次』に魚屋善太という役でレギュラー出演した時(80.82年)、『京ちゃんはこんな感じのカツラをかぶったほうがいいよ』と、20歳そこそこの僕を物凄くかわいがってくださって。舞台に呼ばれた時、初めて自分のカツラを作ってもらいました。それから2~3年、橋蔵先生に時代劇のノウハウを叩き込まれました」
 橋蔵親分から教わったメイク姿で京都の撮影所を歩いていた時、「キミ、名前は?」と声をかけてきたのがあの深作欣二監督だった。真田広之、薬師丸ひろ子主演の映画「里見八犬伝」(83年・東映)の犬塚信乃役を探していて、「この役は二枚目中の二枚目、美剣士がやらなきゃいけない」と京本を推薦した。それから半年間、立ち回りや乗馬など過酷な修業が続いた。
「とにかく土、日曜になったら、雨の日も風の日も強制的に行かされるんです。台風の日はさすがに馬には乗れないと思ったら、『嵐の中を走る姿を撮ることもあるんだ』と、どなられましたね。撮影中は、深作監督にシゴかれまくりました。3日3晩、カツラを外させてもらえなかったことも。立ち回りを何回も繰り返していると、後ろから『京本のために何回撮り直すんだよ!』というスタッフの声も聞こえてくるんですよ」
 そんな状況の中、大川橋蔵が「この作品で京ちゃんはスターになる」と、自分が出演しているわけでもないのに、カツラ合わせや衣装合わせに立ち合って、自身の当たり役の「新吾十番勝負」みたいにしてやってほしい、とアドバイス。ポニーテールの前髪の若武者が生まれたという。これが「必殺」の組紐屋の竜の髪形の原型になる。
「『里見八犬伝』は大ヒットし、僕は必殺シリーズに抜擢されました。プロデューサーに『どんな役ですか?』と聞いたら、『三田村邦彦君と同じ』。飾り職人の秀役の三田村さんって、首筋刺しの技じゃないですか。てっきり、その後釜だと思い、箸をクルクル回す稽古などしていたんです。ところが、中条きよしさんが演じた三味線屋の勇次のような絞殺技と知らされ、『エーッ!?』とビックリです(笑)」

カテゴリー: エンタメ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
4
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(3)酒井法子が住居を追い出された?
5
「HIKAKINも抜いた」米津玄師、“いったいいくら荒稼ぎ?”とネットで大激論!