芸能

江口のりこ「主役を食う怪女優」の真髄(1)テレビドラマは修行だった

 苦節20年、いつしか存在感が際立つようになっていた名脇役が、ついにテレビの連ドラで初主演を果たすまでになった。四十路にして大ブレイクした怪女優の不思議な魅力に迫る。

 昨年放送された連続ドラマ「半沢直樹」(TBS系)は、平均視聴率24.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録し、最終回は32.7%を叩き出す大ヒットとなった。13年に放送された前作から、個性的で芸達者な俳優陣が集結することでもお馴染みの同シリーズだが、中でも今作から登場し、国土交通大臣・白井亜希子役を演じた江口のりこ(40)の注目度が一気にアップしたのである。

 大臣就任の記者会見で、

「選挙? それは、い・ま・じゃ・な・い」

 と、笑みを浮かべるシーンは強烈なインパクトを残した。

 それ以後、江口の一般的知名度はグングン高まったが、そもそも彼女は01年のテレビドラマ初出演以来、映画、舞台なども含めて、すでに出演作は200本を超える大ベテランなのだ。

 映画評論家の秋本鉄次氏が言う。

「最近では『半沢直樹』での大臣役もそうでしたが、『その女、ジルバ』(フジテレビ系)では主人公の職場の上司、『俺の家の話』(TBS系)では口うるさい長女、映画でも『事故物件 恐い間取り』(松竹)でいわくつきの部屋ばかりを紹介する不動産屋といった具合に、クセのある役、屈折した人物を演じることが非常に多かった。少し前までは知る人ぞ知る、脇で光る存在だったのに、今や準主役級。今度は連続テレビドラマで初主演も務めます。半沢以降、明治、ダイハツ工業、三井住友カードと、いずれも大手の新CMに起用されており、かなり異例のブレイクだと思いますね」

 江口が主演を務めるのは、4月2日から放送開始された「ソロ活女子のススメ」(テレビ東京系)。退社後に一人きりの時間を楽しむという、やはりアクの強い役に挑んでいる。

 民放局ドラマ関係者が語る。

「かつての江口は女優としてのこだわりで『正直、テレビドラマは好きじゃない』と話し、殺伐とした制作進行の速さを嫌っていました。それでも、それを修行と捉えることで、名前を売り、自身の望むオファーに繋げるべくステップアップしてきたんです。出番前は静かに一人で役に入り込み、空気のように存在感を消すことが多い。ところが、いざ芝居が始まれば、丁々発止のやり取りを展開するから、共演者からの評判もいい。これまでたくさんの現場で多くの座長を見てきていますから、初主演といえど、うまく周囲をまとめ上げるでしょうね」

 役への憑依もソロ活だったようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
水卜麻美がリバウンド?「ニットが小さ過ぎ!」Gカップへのボリューム増
4
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛
5
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”