女子アナ

田中みな実ほかフリー女子アナ、「スキャンダル黒歴史」を一挙大公開!

 かつては、キー局に入れなかったアナウンサー志願者の主戦場だったフリーランスの女子アナ界。ところが、今や、大挙、人気絶頂の局アナも続々参戦する戦国時代に突入しているという。そこで、4月13日発売の「週刊アサヒ芸能」では、前回の局アナ編に続き、7ページにわたって人気フリー女子アナの「黒歴史」大特集を組んでいる。

 そのエピソードもいずれも超ド級といえよう。「異性トラブル」「隠したい過去」「大胆艶っぽ肌見せ」「失言&突発アクシデント」の4大テーマの中で、この10年で大きく変化したのが「大胆艶っぽ肌見せ」に他ならない。芸能記者が言う。

「今でこそ、19年末に出版された田中みな実の写真集『Sincerely yours…』の60万部ヒットで脚光をあびましたが、フリーアナが切り開いた『女子アナグラビア』路線は今も女子アナサバイバルとしては、有効だと証明しました」

 そのその風穴を開けたといわれるのが、日テレを突如辞めて14年にファースト写真集「SEYAMA」でセパレート水着姿を公開した脊山麻理子(41)だった。しかもその過激さは、年を追うごとに先鋭化。今や、DVDではセミ脱ぎから、“縛られた姿”を想起させる衣装、食い込み生ヒップまで、惜しみなく披露しているのだ。女子アナウォッチャーが解説する。

「アナウンサーがきわどいグラビアに挑戦するということの先鞭をつけた存在であることは間違いない。崖っぷち感が色香をアップさせるということに気づかせてくれましたね。肌着も水着もかなりギリギリ感があって、三十路を超えても体系的な崩れがあまりなく、美しくみられるのは立派です」

 さらに翌15年には「ウッチー」こと、内田恭子(44)の出演した「カップヌードル」のCMも衝撃的だった。巨大なカップヌードルからウッチーのスラリと伸びた美脚とまるで白魚のような二の腕が公開されると、瞬く間に話題をさらった。

「その後もビオレのCMで浴室シーンを披露するなど、清楚なキャラクターに似合わない大胆な肌見せぶりは今も語り草です。その後の女子アナのグラビアなどの口説き文句にもウッチーのCMが引き合いに出されていました」(広告代理店関係者)

 他にもグラビアに挑戦した女子アナたちが、田中みな実がブレイクする“地ならし”をしていたのだ。そんな中には、その田中自身の秘密も含め、“知られざる黒歴史”があったという…。4月13日発売の「アサヒ芸能」4月22日号で詳しくレポートしている。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【球界爆笑秘話】ボールがアレに当たって悶絶する捕手に長嶋茂雄が放った「まさかのオヤジギャグ」
2
事務所が猛抗議!「星野源W不倫10億円もみ消し」仰天暴露投稿に挙がった「NHK美女アナ」の名前
3
2試合33失点の歴史的惨敗!楽天・今江敏晃監督「打つ手なし」で「途中休養」カウントダウン
4
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
5
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから