女子アナ

田中みな実ほかフリー女子アナ、「スキャンダル黒歴史」を一挙大公開!

 かつては、キー局に入れなかったアナウンサー志願者の主戦場だったフリーランスの女子アナ界。ところが、今や、大挙、人気絶頂の局アナも続々参戦する戦国時代に突入しているという。そこで、4月13日発売の「週刊アサヒ芸能」では、前回の局アナ編に続き、7ページにわたって人気フリー女子アナの「黒歴史」大特集を組んでいる。

 そのエピソードもいずれも超ド級といえよう。「異性トラブル」「隠したい過去」「大胆艶っぽ肌見せ」「失言&突発アクシデント」の4大テーマの中で、この10年で大きく変化したのが「大胆艶っぽ肌見せ」に他ならない。芸能記者が言う。

「今でこそ、19年末に出版された田中みな実の写真集『Sincerely yours…』の60万部ヒットで脚光をあびましたが、フリーアナが切り開いた『女子アナグラビア』路線は今も女子アナサバイバルとしては、有効だと証明しました」

 そのその風穴を開けたといわれるのが、日テレを突如辞めて14年にファースト写真集「SEYAMA」でセパレート水着姿を公開した脊山麻理子(41)だった。しかもその過激さは、年を追うごとに先鋭化。今や、DVDではセミ脱ぎから、“縛られた姿”を想起させる衣装、食い込み生ヒップまで、惜しみなく披露しているのだ。女子アナウォッチャーが解説する。

「アナウンサーがきわどいグラビアに挑戦するということの先鞭をつけた存在であることは間違いない。崖っぷち感が色香をアップさせるということに気づかせてくれましたね。肌着も水着もかなりギリギリ感があって、三十路を超えても体系的な崩れがあまりなく、美しくみられるのは立派です」

 さらに翌15年には「ウッチー」こと、内田恭子(44)の出演した「カップヌードル」のCMも衝撃的だった。巨大なカップヌードルからウッチーのスラリと伸びた美脚とまるで白魚のような二の腕が公開されると、瞬く間に話題をさらった。

「その後もビオレのCMで浴室シーンを披露するなど、清楚なキャラクターに似合わない大胆な肌見せぶりは今も語り草です。その後の女子アナのグラビアなどの口説き文句にもウッチーのCMが引き合いに出されていました」(広告代理店関係者)

 他にもグラビアに挑戦した女子アナたちが、田中みな実がブレイクする“地ならし”をしていたのだ。そんな中には、その田中自身の秘密も含め、“知られざる黒歴史”があったという…。4月13日発売の「アサヒ芸能」4月22日号で詳しくレポートしている。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石原さとみ、「前かがみバスト見せ動画」が“1日で100万再生”の大反響!
2
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明
3
唐橋ユミ、「大きくない」発言を覆すクッキリ衣装で“Dバスト”の根拠映像
4
「ハコヅメ」戸田&永野に負けない魅力!西野七瀬の下半身に視聴者熱狂のワケ
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ