芸能

広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」

 絶賛放送中の新ドラマ「ネメシス」で、櫻井翔とW主演を務める広瀬すず。連続ドラマへの出演は「なつぞら」以来、約1年半ぶりとなる。しかも、今まで共演NGが囁かれていた同い年のライバル・橋本環奈との初共演も。いったい何があったのか。その裏事情を探っていくと──。

〈ネメシスに出演させて頂きます! 発表前からバレてる感あったけど、同い年の広瀬すずさんと出演できるなんて~!! 初日からすずちゃんとめっちゃ喋ってた。ふふ ニノさんで放送されてましたね~ やっと言えたぁ〉

 4月3日、楽しげにツイッターに書き込み、広瀬すずとのツーショット写真を投稿したのは、橋本環奈だ。

 広瀬と橋本、ともに22歳の若手女優の共演が話題の探偵ドラマ「ネメシス」(日本テレビ系)が4月11日にスタートした。天才すぎる助手・美神アンナを演じる広瀬は、櫻井翔(39)演じるポンコツ探偵・風真尚希と凸凹バディを組み、探偵事務所ネメシスに舞い込む難事件を次々に解決していくストーリーだ。

 主演の広瀬は数多くの番宣に出演。4月3日に広瀬や櫻井が番宣で登場した「ニノさん」(日テレ系)で橋本が同作品に出演することが発表されるや、「天使のあつまり」などとネットは大盛り上がり。橋本は理系の天才大学生・四葉朋美を演じることになっている。

 ドラマ関係者が首を傾げる。

「冒頭のように橋本がツイッターをアップしたのと同時に、4月3日の広瀬のインスタグラムには、水族館の大きな水槽をバックに、ドラマの衣装のまま橋本とピースサインをする“仲よさげな”写真がアップされました。しかし、実はかねてよりこの2人は『共演NG』とも囁かれ、不仲説が流れていたのです」

 ともに10代から注目されてきた2人。広瀬は映画「海街diary」の演技で注目され、本作で日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞。主演映画「ちはやふる」シリーズ(16年、18年)や「チア☆ダン」(17年)もヒットに導き、毎年のように日本アカデミー賞の優秀主演女優賞や最優秀助演女優賞、紀伊國屋演劇賞やエランドール賞などの名誉ある賞を受賞し続けている。その点、橋本は博多でローカルアイドルをしていた13年に「奇跡の一枚」と言われた写真の拡散によって、彗星のように現れたアイドル。映画「キングダム」(19年)やドラマ「今日から俺は!!」(日テレ系)など話題作に出演し、次世代のコメディエンヌとの呼び声も高まっているが、主演作品の大ヒットはまだない。同じ年のライバルということもあり、なにかと比較される機会も多いが、どうやら広瀬が橋本を嫌がっているようなのだ。ドラマ関係者が続ける。

「広瀬は19年にNHK連続テレビ小説『なつぞら』で主演も務めた国民的清純派女優。演技力に定評のある広瀬からすると、いきなり地方からポッと出てきたアイドルと比較されたくはない。橋本の名が出ると『環奈じゃ相手にならないよ』と言うのが口癖という話も聞きます。格が違う、実力では比較にならないというプライドを懸けた強気な姿勢なのです」

 冒頭のように、同時にアップしたインスタグラムでも、橋本は長い説明書きで仲よしアピールをしていた一方で、広瀬は〈環奈ちゃんです #ネメシス〉という説明のみ。「ニノさん」でも仲よくスワンボートをこぐ対決企画などがあったが、番宣のためにしぶしぶ投稿したことが透けて見えてくる。

 ただし、広瀬にとっては、「ネメシス」は勝負の作品。出演映画は好調で、順風満帆な女優人生を歩んでいるかに見えて、主演した民放連続ドラマでは苦戦し、実はなかなか結果が出ていないのだ。かつて広瀬が主演した15年「学校のカイダン」(日テレ系)は全話平均視聴率が9%台、18年「anone」(日テレ系)は全話平均視聴率が6.1%で、第9話は4.4%まで落ち込む始末。

 嫌っている橋本との“仲よしごっこ”をアピールしてまでも、結果を出さねば「数字が取れない女優」の烙印を押されかねない。「橋本NG」を解除せざるをえない背水の事情が見てとれるのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
2
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
3
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
4
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること