芸能

戸次重幸の評価爆上がり!復帰への不安を明かした市川由衣にかけた一言とは?

 女優の市川由衣が4月12日、ニュースサイト「ORICON NEWS」のインタビューに登場。昨年秋に第2子を出産し、2児の母となった現在の女優復帰への不安や想いを語った。

 メディアへの登場は約1年振りとなる市川。同記事によると、当初は2人目を妊娠中もしばらく仕事をする予定だったが、コロナで撮影が延期や中止になってしまったという。先の見えない不安に後ろ向きになってしまった時期もあったと語り、さらに「この子たちの母親は私しかいないけど、“35歳の女優”は私のほかにもいる。じゃあ自分が仕事をする意味って何だろう」と考え込むことも多かったと明かした。

 そんな市川が、「夫も同業者なので、私が悩んでいることに気づいたんでしょうね」と“夫”のアドバイスがあったことを明かした。インタビューでは名前は明かしていないが、市川の夫は、俳優の戸次重幸。戸次は「14歳から続けてきた好きな仕事を、本当に諦めていいの?」「家事や育児も一緒にやるし、スケジュールもお互いやりくりしながら何とかなるよ」と女優を続けたい市川の気持ちを見抜き、背中を押してくれたという。

 市川は家庭が子ども達にとって安心できる場所であることが大前提としつつ、「仕事も家族も同じくらい人生になくてはならないもの。どちらも諦めないために、子どもたちが独り立ちするまでは、多少のパワーが必要かもしれません。だけど、同業にも同じく子育てしながらしっかり仕事をしている先輩はたくさんいますし、自分にもできないことはないと思っています」と、自分の人生を前向きに生きる決意を示した。

 ネットでは〈代わりはいる、誰にでも当てはまる言葉ですね。でも市川さんにしか出来ない事や市川さんを必要としている人も沢山いるはずです〉など応援の声が寄せられた一方で、〈良いことを言っているんだが、あのシゲが言っているかと思うとちょっと吹き出しそうになってしまった〉〈あの“ミスター残念”“思考が中学生”と言われていた戸次さんが……。両者にとって真の意味で運命の人だったんでしょうね〉〈ミスター残念、市川由衣ちゃんと出会えてほんと良かったと思う。今までの残念が全て吹き飛んだんじゃない(笑)〉など戸次のファンも好意的に反応した。

「戸次は大泉洋や安田顕らが所属する男性5人の演劇ユニット『TEAM NACS』のメンバーですが、そこでは“ミスター残念”というなんとも残念な愛称を付けられ、ファンの間でも浸透しています。イケメンなのに極度の怖がり、マイペース過ぎて勘違いや遅刻など数々の失敗をやらかし、それでいて子供のような純粋キャラというのが理由。それだけに市川を思いやる頼もしい発言に感心する前に驚くファンが多かったのでしょう」(芸能記者)

 これを機に、戸次も「残念キャラ」から卒業となるかも!?

(柏原廉)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」