スポーツ

「七月場所にかける」白鵬、「同時進行自伝マンガ」で描かれた「運命の臼」とは!?

 轟々たる反響を受けスタートした、同時進行相撲マンガ「白鵬本紀」第2番は七月場所に全てをかける第69代横綱・白鵬の運命が大きく回り始めた少年時代の大きな転換点を描いている。

 伝説の始まりは2001年。15歳のダヴァ(少年時代の白鵬)が、軽い気持ちで参加した「訪日相撲体験ツアー」だったが、ほかの参加者が次々に相撲界入りを決めていく。そんな参加者たちを見るうちに、いつしか「日本で相撲で取りたい」との強い思いに変わっていったダヴァ。モンゴル相撲の「英雄の子」である血が騒いだのである。

 しかし、痩せっぽちのダヴァ少年に声をかける相撲部屋はなかった。屈辱がダヴァを襲い、一度はモンゴルに帰国することを決め、日本の思い出に大量の串カツを食べたのだった。ところが、同時にある奇跡が起ころうとしていたのである。62キロの白鵬=ダヴァ少年に起こった「奇跡」とはいったい何か?「運命の臼」が大きく回ろうとしていた…。白鵬翔本人が監修、作画:山崎享祐でお届けする本邦初のライブ相撲マンガ「白鵬本紀」第2番「運命の臼」は、5月11日発売の「週刊アサヒ芸能」5月20日号に掲載。連載快調!はっけよい!!

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、「割れ目クッキリ美ヒップ」奇跡の突き出しポーズで視聴者を魅了!
2
田中理恵が“極小サイズ”足ショット公開!バストと絡めた「疑問の声」も
3
ひろゆきも「5つ星」認定!トリンドル玲奈の「美胸写真集」に称賛の声
4
トリンドル玲奈、大胆バスト披露は改心の証?「やる気ない」評価からの激変理由
5
すみれ、出産の準備は万端!「ヘアー」も「バスト」も“完璧な仕上がり”に