芸能

餅田コシヒカリ カトパンのモノマネをすることになったきっかけ

テリー カトパンに似てるのは、自分で鏡を見て気づいたの?

餅田 もともと飲み会とかで言われることはあったんですけど。モノマネをするようになったのは、当時のマネージャーさんに「何でもいいからモノマネやれ」って言われて、ちょっとノリでやってみたのが始まりです。でも、その時は今みたいにまだ顔の角度とかはつけてなかったです。

テリー あぁ、似てる角度があるんだよね。ちょっとやってみてよ。

餅田 (とマスクを外してカトパンの顔マネをする)

テリー アハハ、似てる!確かに顔を斜めにして、目を横に流すとそっくりだよね。そうやると似るのはなんで気づいたの?

餅田 まずアドバイスしてくれたのは(駆け抜けて軽トラの)相方です。あとは、やっぱり研究ですかね。一度写真を撮ってSNSにアップしたら「この角度が似てる」ってバズったことがあるんです。それがきっかけで、「じゃあ角度をどんどん付けていこう」みたいな感じで、最終的に今の形になりました。

テリー 体型は全然違うのに、顔が似てるってすごい発見だよなぁ。

餅田 私、デビューしてから5年間、カトパンさん以外のモノマネは、ほとんどやってないんですよ。それなのに5年もやってこられて、いろいろなお仕事をいただけるのは、ほんとにカトパンさんのおかげです。

テリー カトパンに何かおごったほうがいいよな。

餅田 そうですね(笑)。

テリー 餅田コシヒカリってことは、生まれは新潟?

餅田 宮城県仙台市です。

テリー なんでコシヒカリなの?

餅田 本名が持田ひかりなんですよ。だから、あまり深く考えずに、ちょっとモジって、コシヒカリにしちゃいました。

テリー あ、そういうことか。その名前だとコシヒカリがたくさん送られてくるだろ。

餅田 はい、メチャクチャ送っていただきます。30キロとかボーンと送ってくださる方もいますし。

テリー 生まれ育った仙台はどういうところ?

餅田 青葉区なんですけど、けっこう山の奥のほうで、イノシシとかサルがざらにいるようなところでした。

テリー 震災の時は大変だったでしょう。

餅田 はい。私のところは被害はそれほどでもなかったんですけど、すごく揺れました。

テリー 学校にいたの?

餅田 はい、合唱部で。グランドピアノが飛んできたりとか、けっこうすごかったです。

テリー 合唱部だったの?

餅田 そうですね。子供の頃からピアノを17年間ぐらいやってまして、合唱部の時は「NHK全国学校音楽コンクール」と「全日本合唱コンクール」で全国大会に出ました。

テリー すごいじゃん。子供の頃からピアノがあるって、家はお金持ちなの?

餅田 どうなんですかね。今はもう引退してるんですけど、両親がオーケストラで働いてまして、家に防音のレッスン室があります。今は、自宅で生徒さんを教えてたりとかもしています。

テリー ほら、絶対お金持ちだよ。合唱団って普通は入らないじゃない。

餅田 でも、田舎なので。

テリー ご両親は今の仕事を何と言ってるの?

餅田 両親も好きなことでずっと生きてきてるので、私に対しても好きなことして生きていいよっていう感じです。

テリー ごきょうだいは?

餅田 3人で、兄が2人います。兄たちは無口なタイプで、何も言ってこないですね。「頑張れよ」ぐらいな感じです。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え