芸能

紗栄子、「17歳アーティストと交際」報道で妄想が飛び交った「株爆上がり」反響!

 5月11日発売の「週刊女性」に、当時17歳だったアーティストYOSHIとの極秘交際が報じられた、タレントの紗栄子。

 記事によれば、2人は20年3月、大型台風被災地復興プロジェクト「YOUR RESTAURANT」への参加で知り合い、一緒に被災地を回るうちにYOSHIのほうが紗栄子にほれ込み、猛アプローチ。紗栄子はそれに応え、YOSHIの所属事務所社長に電話で“付き合いたい”と直談判したという。これに対し社長は即座に却下したものの、紗栄子はYOSHIに服や財布などをプレゼントし、YOSHIも母親が心配するほど外泊が増え、ついには昨年5月、紗栄子がYOSHIの実家を挨拶に訪れたうえに、YOSHIに独立をすすめたのだとか。

「YOSHIは交際に反対する事務所や母親と距離を置くようになる中、結局は紗栄子が別れを告げる形で関係は終了したといいます。YOSHIは芸能活動がままならない状態が続き、事務所との契約トラブルにまで発展しているとのことですが、事務所は紗栄子との交際や契約のゴタゴタに関してノーコメント。紗栄子サイドはYOSHIについてあくまで友人の一人とし、独立をすすめたことも含め、否定しています」(芸能ライター)

 この報道は一見、未成年の男子を百戦錬磨の紗栄子がたぶらかした、という疑惑のようにも見え、もともとアンチが多い紗栄子が大バッシングを食らいそうな内容だが、どうやら特に男性からの心象は違うらしい。

「《紗栄子、直談判してあげるとはやるなあ》《YOSHIとかいう男がうらやましいわ。外泊って、紗栄子にいろいろ教えてもらったのか?》《そりゃ紗栄子と知り合う機会があったら17の小僧なんて簡単に惚れてまうわな》《紗栄子ならフラれたって一度でもお願いできれば最高だろ》と、ネット上ではむしろ紗栄子の株が上がっています。かつてはダルビッシュ有と離婚したかと思えば前澤友作氏に飛びつくなど、小悪魔キャラと世渡り上手ぶりで世間の目は冷めきっていましたが、今は栃木での牧場経営に夢中になる姿が伝えられるにつけ、ファンは急増。34歳にして美人度にさらに磨きがかかり、時にインスタで見せる艶っぽい“オンナの顔”で男性ファンをメロメロにさせていますからね」(前出・芸能ライター)

 むしろ今回の報道は、現在の紗栄子の魅力を存分に引き立たせる結果となったのかも。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
2
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
3
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
4
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること