スポーツ

菅野智之に首脳陣が「困惑声」…原巨人“2位でもグダグダ”なチーム事情とは

 5月14日からの阪神との直接対決でも1勝2敗と負け越した原辰徳監督(62)率いる巨人。開幕前の下馬評では圧倒的な戦力と陣容で、首位を独走すると思われていたが、フタを開けてみれば、期待のエースに主力選手が相次いで戦線離脱し、さらには期待の外国人選手も不発で、ベンチ内は内紛含みだ。そんな「2位でもグダグダ」な、原巨人のチーム事情を「週刊アサヒ芸能」が地獄耳で取材している。

「また、始まったか…」と、人一倍気難しいエースの離脱に、首脳陣は頭を抱えながら口をそろえた。5月7日のヤクルト戦で、右ヒジの違和感を訴えて緊急降板した菅野智之(31)が、翌8日に一軍登録を抹消された。球団関係者がため息交じりに語る。

「平均150キロ前後のストレートが、降板前には140キロ前半まで落ちるほど深刻な状態です。ただし症状の重さは原監督でさえも測りかねている。というのも、医師の診断書があるわけではなく、本人の自己申告にすぎないから。3月30日に、足の違和感で抹消された時と同様に、復帰時期は本人に委ねられている。腫れ物に触るような存在ですよ」

 一方、9日のヤクルト戦で、右手母指(親指)末節骨を骨折し、戦列復帰までにおよそ1カ月はかかる見込みなのは、坂本勇人(32)。離脱時点でチームトップの2割9分9厘の打率とトップタイの7本塁打で牽引した打線はもとより、不動のショートを失ったダメージのほうがより甚大なようだ。

「坂本は守備中にも精力的に声を出して、チームを鼓舞していた。代役の吉川尚輝(26)は守備範囲こそ坂本以上の広さを誇る選手ですが、いかんせん声が小さくて、口ベタな性格なんです。しかもピンチの場面で、マウンドに気の利いた言葉をかけても、『お前が大丈夫かよ』と、返されかねないほど表情も暗い。セカンドの若林晃弘(27)やサードの岡本和真(24)も無駄口を叩かないタイプなだけに、守備中の静けさは12球団一ですよ」(在京球団スコアラー)

 投打の要だけではない、原巨人の、まさに「緊急事態」なチーム事情の全貌は、5月18日発売の「週刊アサヒ芸能」5月27日号で詳報している。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
山本舞香、鈴木福くんの前で見せた“バスト渓谷見せ”過激衣装の賛否!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
4
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
5
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”