芸能

ねづっち、「猿の名前が“アマビエ”」報道で繰り出した「謎かけ」にもご利益!?

 去る5月2日、大分県大分市の高崎山自然動物園で、今年最初のサルが誕生し、「アマビエ」と名づけられた。同園では2013年から、その年の最初に生まれたサルの名前を一般公募。今年は630票の中から最多17票の「アマビエ」が選ばれた。

 この「アマビエ」とは、江戸時代後期、現在の熊本県にあたる肥後国海上に出現したとされる妖怪で、何でも豊作を言い当て、「しかし同時に疫病が流行するから、私の姿を描き映した絵を人々に早々に見せよ」とのお告げを残したとされている。京都大学附属図書館に収蔵されている木版画を見る限り、足元まで伸びた長い髪、顔にクチバシ、胴体にはウロコ…と人と鳥と魚を混ぜ合わせたような風貌。疫病退散のご利益を期待し、コロナ禍終息の願いが込められている。

 お笑い芸人、ねづっちが、みずからのYouTubeチャンネル〈ねづっちチャンネル〉で、赤ちゃんサルに得意の謎かけでお祝い動画を投稿した。5月3日付けの〈大分市高崎山の今年最初の赤ちゃん猿誕生!その名前は「アマビエ」〉と題した回で、ねづっちは、こんなふうに一気に語った。

「疫病退散にご利益があるなんて言われますけどね、疫病の方も去る(サル)なんてことなのかね」「お客さんから『アマビエちゃん、アマビエちゃん』って呼ばれるんでしょうね。呼ばれるたびにこの赤ちゃんサル、心の中で思うんでしょうね、アマビエだけに、何か用かい(妖怪)?ってね」「この可愛らしい赤ちゃんサル、見に行ってはいかがでしょうか?見に行く方の気持ちもね、サルだけにウキウキする…ねづっちです!」

 アマビエの姿は登場しないが、この動画が世に広まることもコロナ禍終息に一役買うか!?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
4
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
5
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!