芸能

水卜麻美「3億円独立オファー」を蹴って「幹部密約」浮上(1)責任感が芽生えリーダー的な存在に

 かねてからフリー転身の噂が絶えない日テレのエースアナに何が!? 早朝から明るい笑顔を振りまくウラで、秘かに大変貌を遂げていたというのだが‥‥。知られざる局内事情を大暴露する。

「雰囲気はだいぶ変わりました。以前は出演アナの一人という立ち位置でしたが、今では『自分が番組を引っ張るんだ』という意気込みを持って仕事に打ち込んでいます。かつては周囲のスタッフは年上ばかりでした。ところが今や番組では年長のリーダー的な存在で、若手のADにも積極的にアドバイスを送っています」

 日テレ関係者が素顔を明かすのは、3月29日から朝の情報番組「ZIP!」の総合司会に抜擢された水卜麻美アナ(34)。舞台裏では使命感に燃えるあまり、こんな出来事も‥‥。

「先日、若手スタッフとの打ち合わせ中になかなか意思の疎通ができずに舌打ちした時は驚きましたよ。場を和ませる冗談の類いですが、『スタッフを成長させなければ』という責任感を持って仕事に打ち込んでいるのでしょう。『スッキリ』では、メインMCである加藤浩次(52)のサポート役ということもあって、仕事にやりがいを見出せない時期もあったそうですが、独り立ちした今は生き生きと仕事に取り組んでいます」(日テレ関係者)

 そんな水卜アナは月曜から金曜まで、夜中の3時半には出社して、早朝5時50分からの生放送に備えているが、

「頭の回転を鈍らせたくないという理由で、オンエア前に摂るのはヨーグルトくらい。本番中にお腹の虫が鳴らないか、それだけが心配だとか」(番組関係者)

 そんな水卜アナを日テレは全面的にバックアップ。3月にオンエアされた「人生が変わる1分間の深イイ話2時間SP」では「ZIP!」司会就任までの密着映像を公開。その2日後には「今夜くらべてみました」にゲスト出演した。

「ドラマの主演女優のような扱いで、ここまで局アナをプッシュするのは異例中の異例でしょう」(女子アナウオッチャー)

 今年に入って関係各所に配布されたポスターにも、水卜アナの局内序列が示されていた。個人視聴率が10年連続で三冠を達成したことを告知するもので、「10年連続のありがとう」の文字が躍り、10人の局アナが頭を下げている。

「逆三角形のフォーメーションで、中央に桝太一アナ(39)。先頭には夕方のニュースを担当する藤井貴彦アナ(49)を配置して、その両脇に水卜アナと徳島えりかアナ(32)という布陣。将棋に例えれば、水卜アナは飛車角のような存在でしょう」(番組関係者)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?