芸能

有吉弘行の指摘に視聴者も納得!バラエティ番組の人気タレント“ムダ遣い”

 このところ、人気タレントを起用しているものの、番組の内容がイマイチで、視聴者からタレントの“ムダ遣い”を指摘される番組が目につく。

 例えば、3月29日から麒麟の川島明をメインMCに据えてスタートした朝のバラエティ情報番組「ラヴィット!」(TBS系)もしかり。川島のほか、多数の吉本興業所属タレントがレギュラー出演。当初、裏番組の「スッキリ」(日本テレビ系)MCで吉本とのエージェント契約を切られたばかりの加藤浩次に対する“刺客“とも言われたが、 いざフタを開けてみると初回の平均世帯視聴率2.7%という数字で始まり、その後も1 ~2%台と低空飛行を続けている。

「そのため『ラヴィット!』には今秋の改編で打ち切りという説も出るほど。一方で、『番組の企画が悪い。こんな番組に川島を毎朝出演させるのはもったいない』といった声も多いようです」(芸能ライター)

 TBSでは、4月からスタートした「週刊さんまとマツコ」も、評判が芳しくない。バラエティ界のトップがタッグを組んだ番組だけに注目を集めたが、世帯視聴率は初回が4.4%、2 回目が4.1%、3回目が4.3%に留まっている。

「初回、2人の直接のカラミはなく、それぞれの楽屋でスタッフらとトークするのを交互に流すだけで、つかみが悪かった。ネット上の反応をみてみると、『日曜18時30分という時間枠が合っていない』『深夜枠なら観たいけど』『1週間の出来事を2人がフリートークでぶった切るのを期待していた』『弁当作りとかよけいな企画はいらない』といった声も見受けられます。ただ、5月30日放送の同番組では、ロケができなかったということで、ほぼ全編フリートーク。ツイッター上では『これでいいんだよ』といった意見が散見されましたね」(前出・芸能ライター)

 20日放送の「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)では、お笑いコンビ・ニューヨークが、冠番組へのプレッシャーとどう向き合っているのかと、有吉弘行らに質問。有吉が「関係ないじゃん…スタッフ次第じゃん」とぶっちゃけて話題になった。

 その中で、ニューヨークの嶋佐和也が「割り切るってことですか? 自分の番組だから口出し…」と言うと、有吉は「口出し、しないほうがいいよ」とアドバイス。「千鳥も黙ってやってるじゃん。×××(番組名)のやつ見た? あの千鳥が飲み込んでやってる」と笑わせたが、この番組名についてネット上では、今年4月スタートのバラエティ番組「火曜は全力!華大さんと千鳥くん」(関西テレビ・フジテレビ系)だともっぱらだ。

「この番組は『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』をリニューアルした形ですが、 これもネット上では『企画がつまらない』『華大、千鳥のムダ遣い』との指摘が目につきます」(前出・芸能ライター)

 出演者がいくら豪華でも、制作陣がしっかりしていなければおもしろい番組はつくれないということか。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
4
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ
5
きゃりーぱみゅぱみゅ、ファンも騒然「顔変化」に飛び交う憶測