芸能

「Gバスト」元芸人グラドルが魅せた「これが本当の“ニュー”ウェーブ」芸!

 野球の試合やコンサートなどで盛り上がった際の「ウェーブ」。観客が両手を上げて立ち上がっては座る動作を縦の列ごとに順次行い、遠目に波=ウェーブの動きに見せる集団パフォーマンスだ。コロナ禍により、現在は無観客、もしくは入場制限があることから、人もまばらな観客席では、見かけなくなって随分と久しいものだが、この「ウェーブ」を両手ではなく、艶やかなる体の部位で表現するグラドルがいた。

 BSスカパーで放送されているバラエティ番組「グラドル向上委員会(仮)」の、同名の公式YouTubeチャンネルの6月1日投稿回を観てみると、そのグラドルとは、バストGカップの伊藤しほ乃。元は芸人であったことから、「ウェーブ」なるショートネタを披露…「野球場って広いな~…あっ、ウェーブ、来た来た来た!」と球場の観客席を想定して、遠くの方から自分のところに迫ってくる“波”の動きを視線と指さしで表現。そして、自分の番になると「フーッ」と、歓喜の声を上げながら、左手で左バスト、右手で右バストを波のように順にすばやく押し上げ、それと合わせて視線も左から右へ動かす…といったものだった。

 伊藤がスタジオのグラドルたちにもこれをやってほしいと提案すると、司会を務めるGバストグラドルの橋本梨奈が「せっかくだからみんなで大きな波を作っていきましょう!」と呼びかける。すると他のゲストのグラドル・Gバストの犬童美乃梨、Dバストの本郷杏奈も加わり、圧巻バストの艶っぽ「ウェーブ」を披露したのだった。

 視聴者からは、“これが本当のニューウェーブ”といった、「ニュー」と「バスト」を引っかけたコメントのほかにも、ネタが野球場とあってか、〈ビールいかがっすかぁ⇒ミルクいかがっすかぁ?ってギャグもやってほしい〉といった要望コメントも見受けられた。艶ネタを引っ提げて、伊藤がグラドル界の“ニュー”ウェーブとなる日は来るだろうか?注目したい。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
3
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏